シグルイ 7 (チャンピオンREDコミックス)

  • 391人登録
  • 3.66評価
    • (30)
    • (28)
    • (72)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 山口貴由
制作 : 南條 範夫 
  • 秋田書店 (2006年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253230490

シグルイ 7 (チャンピオンREDコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不世出ふせいしゅつの剣士 有り余る天稟てんひん りっしんしゅっせ立身出世 会得 免許皆伝者 瓜の如く割り 脳梁の入り混じる血海に沈める 夜伽を命じられたことを不服とし 捕縛 五体満足で帰れぬ者が多数いた為止むに止まれぬ行動であったろう お咎め 盲めしい 相違ない 士道不覚悟 粟本村 平身低頭 愚鈍の子 許しを請うという諂いが見当たらない 悪童源之助が事切れていた 丁稚 頭陀袋を振り回す童の姿 頓狂な呻き 凝固した血液 仇討願 厚遇を受けていた そうぼう双眸を失なった清源の美形は底の知れぬ深い淵が讃えられ殆ど抵抗し難い悩ましい引力を発生させているのだ 貞淑 体毛が僅かにしか無い均整のとれた肉体は指が埋まる程柔らかく埋まった指先からは若い血潮が脈打つ音が伝わってくるのだ 小骨の如き何か 瞬時に清源の肉体は鋼鉄の如く尖った 袋井宿遠州灘 水練 鬼の如き指の力 深々と詫びた 無頓着 海亀が常に塩分を排出していることを知らぬ者にとってこれは苦しみに耐えて命を生み出さんとする神聖な涙に映る 同胞はらから 風紋 簓ささら 己の腕で成り上がり 士は貝殻の如きもの士の家に生まれたる者のなすべきはお家を守るこれに尽き申す 封印された屈辱が鮮やかに蘇った 仇討場に埋まった石を除去 夜這いの風習 蕾の綻び始めたような三重の初々しい肉体 忠節や天晴れ 柔=身体操作術 凛々しい 夫婦めおと 爛と輝いた 下段より神速で跳ね上がることは既に解明している 一切の死角はない

  • 藤木VS伊良子前夜、かな。藤木が無明逆流れの対策をたてる。

  • ついに、激突。
    これで、1巻のシーンにもどるのかなと思ったけど、まだ、藤木の左腕も、伊良子の足もまだその状態になっていないのですね。

    最後まで、ひっぱるのかな。

  • 藤木vs伊良子の仇討バトルまでのつなぎ。ほぼ過去回想。このあたりから急速に話の展開スピードが落ちていく。

  • 伊良子と藤木、友になれなかった似たもの同士か。伊良子の藤木への憎しみは、己の満たされぬ部分に対する憎悪か。

  • 「何流か」「無明逆流れ」

  • グロテスクな表現が多いけど、

    おもしろいんです。

  • 早く続きが読みたくなる終わり方してます。

  • 主人公のひとりである藤木源之助のルーツに係る、幼少時の狂ったエピソードにもさほどエグさを感じず。
    常軌を逸した作品世界に俺が慣れてしまったか。
    とはいえ、異常なテンションは不変である。
    しかし、徹底的に現代の常識から乖離した作品であるにも関わらず、これを理解しエンターテイメントとして読めてしまうのは、やはり侍が斬り合っていた時代の記憶が、脳味噌のどこかしらに刻印されているからだろうか。

  • 完結してから一気読みしたい。

全14件中 1 - 10件を表示

山口貴由の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シグルイ 7 (チャンピオンREDコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シグルイ 7 (チャンピオンREDコミックス)のKindle版

ツイートする