イーフィの植物図鑑 2 (ボニータコミックス)

  • 105人登録
  • 4.08評価
    • (6)
    • (15)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 秋田書店 (2014年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253260220

イーフィの植物図鑑 2 (ボニータコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アリオをあんなにも変化させてしまう「妖精の草」って、どんな植物なのだろう…
    本当に植物なのかも、謎だけれども…
    昔のアリオなら、「妖精の草」の事実、真相等を知っていたのかな?
    アリオの過去が本当に気になります。

  • 緑の奇跡が起きた。『妖精の草』はアリオの中に根をはりめぐらせ、人も植物も越えた存在へと変えてしまった。世界の理から外れた不自然な生き物…。それでもアリオに生きていて欲しいと望むイーフィ。伝説の植物、奇跡の力を求め、ふたりを追うシドライアン。そして最悪だというラマーニャ兵にアリオが捕まりーー。

    話が広がってきましたね。アリオの秘密って何だろう?

  • どんな図鑑かなぁ、、、
    まぁ完結してから読もうかな

    秋田書店のPR
    http://www.akitashoten.co.jp/comics/4253260225

  • この父娘が切ない。

  • 錯綜してる。

  • 降りかかる火の粉は王国とか、因縁とか。

  • ぎゅってするアリオやばい

  • 6年に1歩歩く木「ワンステップ」のある村に住む男と、旅芸人に預けられた息子の話。
    「妖精の草」探索中のシド・ライアンの話。アリオの昔の姿が少し出てくる。
    アリオとイーフィの古い知り合いのラスおじさんと会う話。

    セリフがいっぱいでちょっと読むのが辛かったけど、植物や虫の設定を作り込んでいらっしゃるようなので頑張って読みました!

    同時収録で短編時代物「千秋君の侍魂」。

全8件中 1 - 8件を表示

奈々巻かなこの作品

イーフィの植物図鑑 2 (ボニータコミックス)はこんなマンガです

イーフィの植物図鑑 2 (ボニータコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イーフィの植物図鑑 2 (ボニータコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イーフィの植物図鑑 2 (ボニータコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イーフィの植物図鑑 2 (ボニータコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

イーフィの植物図鑑 2 (ボニータコミックス)のKindle版

ツイートする