ケルン市警オド 1 (プリンセスコミックス)

  • 49人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 青池保子
  • 秋田書店 (2016年8月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253270212

ケルン市警オド 1 (プリンセスコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとした推理モノ。「エロイカ」とはまた違った味わい。

  • 面白かった〜〜。修道士ファルコは読んだことないけど、読みたくなった。

  • オド先輩、待ってました!
    ちょっと少佐に似てるけど少佐ほど頭固くないよね笑

    ケルンの駅前大聖堂で、オド先輩に思いをはせてきました笑

  • 知らなかった、新刊出てたの??
    オドの世俗での現役時代のお話とか、楽しみ!

  • いかにも青池保子らしい。
    時代背景も好み

  • ぐへへへ。もう出てた~(^0^)
    山道苦手な都会のお役人、いいわ~。
    フリードがちょっぴりジェームズ君入ってる(^m^)

    鉄鋼商人ゲオルクさん、途中から、キャラ変わっちゃったわ(^^;

    次の話も早く読みたい♪

  • 『修道士ファルコ』でファルコとよく行動を共にする兄弟オドの現役時代の話でした。
    『修道士ファルコ』に登場するフリートがまだひよっこでオドにくっついてまわる姿が初々しかったです。
    警吏のオドは兄弟オドのよりも堅物に思えます。そんな彼が何を思って修道士になったのかが気になりした。

    あと、よーく見ると物乞いの人たちの間にジェイムズ君らしき人物が描かれているのが楽しいです。

  • なんだか久々に青池さんのマンガ読んだなぁ。
    相変わらず面白い。結構人物がエグくてリアルで人ってのはそう簡単には変わらないものなんだろうな、と思ったり。

    それにしてもエーデルバッハ少尉とちょっと被る堅物警吏。今後の活躍も期待。

全8件中 1 - 8件を表示

青池保子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ケルン市警オド 1 (プリンセスコミックス)に関連する談話室の質問

ケルン市警オド 1 (プリンセスコミックス)はこんなマンガです

ケルン市警オド 1 (プリンセスコミックス)を本棚に登録しているひと

ケルン市警オド 1 (プリンセスコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ケルン市警オド 1 (プリンセスコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする