薔薇王の葬列(5)(プリンセス・コミックス)

  • 188人登録
  • 4.24評価
    • (20)
    • (13)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 菅野文
  • 秋田書店 (2015年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784253271851

薔薇王の葬列(5)(プリンセス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ウォリックに捕らえられた王を救うため、身分を隠し“女”として城に乗り込んだリチャード。しかし、敵兵に正体がばれそうになり……!? 一方、幽閉の身のヘンリーはリチャードを求めるが…!?

    兄エドワードは捕らえられ、敵王子のエドワードはリチャードにぞっこん状態という。とりあえず名前被りは面倒くさい。
    リチャードが敵エドワードと対面しても全然気付いてない感じが、二人の温度差を感じさせる。こっちのエドワードもある意味純粋で結構可愛いと思うけどね。個人的にはもうケイツビーでいいんじゃないかとすら思い始める。
    兄奪還作戦はなかなか面白かった。リチャード大活躍ですね。女たらしな兄貴は顔が弟でも女装すればOKなのか、守備範囲広すぎる。
    色々な事が一気に進んで行ってるけど、個人的には敵エドワードとアンが結婚させられたのが一番のショックだった。

  • 面白くなってきました。

    リチャードがヘンリー王を愛してしまった!!
    一方、ヘンリーの息子もまたリチャードを女性として愛しているし、リチャードを男性と見て好意を寄せている姫君までいる。。。

    果たして、複雑な愛憎関係のゆくえは?
    また、リチャードが王冠を戴くまでの過程は?
    何だかドキドキしています。

  • リチャードが王になればいいのに、と思ってしまう。
    だってみんな問題あり過ぎだよ!

    しかしランカスター家の方のエドワードがいいなぁ…!
    彼が旅の仲間に加わって、この漫画にユーモアが生まれたよ!(笑) このままずっと居て欲しい気もしたけど、彼はアンちゃんと結婚しちゃうというまさかの展開。
    どうなるんだほんとに。ウォリックとマーガレットが組むなんて最強だぞ。

    個人的にはケイツビーと宿屋で一泊が大変盛り上がったんですが、お兄ちゃんを奪還しに行った時も無駄に盛り上がってしまいました…(笑)
    なんて絵になる兄妹(弟?)なんだ!
    しかしお兄ちゃん奪還が成功したので、ここからまたひと波乱ありそう。

    そしてやっとヘンリーと再会。
    ほんといつもこの二人は予想外のところでいきなり再会するな…(笑) でもまぁそこが盛り上がるんですけどね!
    もともと詰まってた距離がさらに間近になったわけですが、ヘンリーのトラウマがこの二人の恋愛の障害になる気がしてならない…。
    せっかくリチャードが自覚したのに!

    しかしヘンリーの「天使」発言にはびっくりしたわ。
    天使はお前だよ!!!(笑)
    これ以上二人の仲が進まないのであれば、彼は天使になれると思います。私の中で妖精超えた。

  • ヨーク王家をウォリックに渡さないため、リチャードはケイツビーと共にエドワード奪還へ向かう。ドロッドロだなー^^; 誰も彼もどこまでも掛け違っていく。そんな中で純粋さを失わず一途に恋してるランカスターさん家のエドワードが唯一の癒し…w作戦とはいえリチャードと恋人気分味わえて幸せそうなエドワード愛しいw

  • 誰も彼も、すれ違いばかり。
    みんな一方通行なのが好い。

  • 敵のエドワード(表紙)も、兄ちゃんのエドワードも、どっちも好きです。

  • あらすじ知らなくても楽しめる。

  • なんだこのもどかしさは。
    「リチャードモテモテじゃないか~羨ましいぜこの野郎」って言えないのは何でだろうな。
    正直リチャードを王にしてみんなで仲良く暮らして欲しいな・・・。

  • リチャードもエドワードも、アンもヘンリーも、みんな、みんな、精一杯生きているのに、それがこんなにも見事にすれ違ってしまうと……。
    切ない(/_;)

全10件中 1 - 10件を表示

菅野文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

薔薇王の葬列(5)(プリンセス・コミックス)はこんなマンガです

薔薇王の葬列(5)(プリンセス・コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

薔薇王の葬列(5)(プリンセス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

薔薇王の葬列(5)(プリンセス・コミックス)のKindle版

ツイートする