解析入門30講 (数学30講シリーズ)

  • 57人登録
  • 3.69評価
    • (4)
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 志賀浩二
  • 朝倉書店 (1988年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784254114805

解析入門30講 (数学30講シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    いわずと知れた志賀浩二先生の30講シリーズの中の群論の本です。

    [ 目次 ]
    数値線の生い立ち
    実数の連続性
    上限、下限、コーシー列
    実数の相
    関数の極限値
    連続関数
    微分と導関数
    平均値の定理
    微分法
    テイラーの定理〔ほか〕

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 広く解析学を学ぶにはいいが、特に微分方程式について学ぶには他の本での学習が必要。

  • 2013.9.3一周目読了

    途中わかんないところすっ飛ばしながら読んだ。なんとなくイメージ作り。

全3件中 1 - 3件を表示

志賀浩二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松坂 和夫
松坂 和夫
マーク・ピーター...
高木 貞治
有効な右矢印 無効な右矢印

解析入門30講 (数学30講シリーズ)はこんな本です

解析入門30講 (数学30講シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする