線形代数と群の表現〈2〉 (すうがくぶっくす)

  • 25人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 平井武
  • 朝倉書店 (2001年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (497ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784254114973

線形代数と群の表現〈2〉 (すうがくぶっくす)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 裳華房 『物性物理 物性化学のための群論入門』 小野寺嘉孝著などを読んだ後で本書に進むのが、良いように感じた。

    基礎から非常に丁寧に書かれており、なおかつ量子力学への応用についてもしっかり解説されている。

    惰性で第二巻に突入しました。どこまでついて行けるか?適度な難易度の演習問題に手間取りぼちぼち進む感じですが、直前に深谷賢治著『双曲幾何』を読んでいたのですが、非常に相性がよく何とか読み進められます。第二巻の後半は相当難易度が上がるようなので、あまりしゃかりきにならないように気楽に読もうと思っています。

    残るところあと3章となりましたが、かなり難しくなってきました。

  • 教員からのコメント:線形代数と群の表現に関する教科書です.
    研究・勉強に役立つと考えられます.

全2件中 1 - 2件を表示

平井武の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松坂 和夫
有効な右矢印 無効な右矢印

線形代数と群の表現〈2〉 (すうがくぶっくす)はこんな本です

線形代数と群の表現〈2〉 (すうがくぶっくす)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

線形代数と群の表現〈2〉 (すうがくぶっくす)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

線形代数と群の表現〈2〉 (すうがくぶっくす)を本棚に「積読」で登録しているひと

線形代数と群の表現〈2〉 (すうがくぶっくす)の作品紹介

必要なときに無駄なく「線形代数」の知識を学習しながら、アーベル、ガロアから始まったとされる「群の理論」を学び、群の本質は、それがある対象に「作用する」ことであることを、種々の具体例から会得して、群の「作用」の数学的純化としての「群の表現」の理論を、現代の物理学など自然科学への応用例を具体的に計算することを通して実感的に体得する。そして、これらを通して、現代数学における群やリー環の「表現論」を理解する。

ツイートする