暇と退屈の倫理学

  • 2224人登録
  • 4.19評価
    • (247)
    • (186)
    • (96)
    • (19)
    • (2)
  • 247レビュー
著者 : 國分功一郎
  • 朝日出版社 (2011年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784255006130

暇と退屈の倫理学の感想・レビュー・書評

  • 退屈とはどういうことなのか,様々な面から迫る.
    「定住革命」「疎外」「環世界」など,(退屈と一見関わりのなさそうな)興味深い要素をわかりやすい言葉で説明してくれ,それらの説明だけでも楽しめた.
    退屈に対しての考え方を広げることこそが,退屈をどうにかするために必要なことだと感じられた.

  • 面白いが、追っかけて読まないとどうにもならず、速読不能。一日この本に使っていい時があれば読みたいけれど、今年中は無理かな。
    移動を使って一日かけて読む。退屈に対し、贅沢を取り戻す。そのものを楽しむ、より深い享受の可能性を開くための訓練。ハイデッガーの第二形式の、自身についての退屈の、気晴らしを十分に享受すること。
    環世界論と定住革命については読んでみよう。動物的に、環世界の移動をなるべく考えずに享受する。楽しむことを思考することにつなげる。待ち構える。
    注が楽しかったのは久しぶり。

  • 暇とはブルジョワに与えられたもの
    退屈とは期待したものが得られない感情
    自分の仕方で切り開く
    贅沢(浪費)を取り戻す

  • 登録番号:24

  • 仕事に追われることや,自分探しにやっきになること,私たちは何を求めているのか,日常生活で,なかなか立ち止まって考えることができないテーマを,わかりやすく,丁寧に訴えています。
    「暇と退屈は違う」ということ,後半の,人間や,他の生物の環世界の考え方などは,目からうろこでした。
    2015年に読んだのですが,その年でおそらく一番,感動しました。人間の気持ちにこんな影響を与えられるなんて,哲学者ってすばらしいですね。

  • 「すべての人間は、退屈と闘っているんじゃないか?人間にとって一番つらいのは、もしかして”退屈”なのではないか??」という考えが、用事を済ませてホッとした私が車を運転しているとき、突然降ってきた。
    この仮説を「いや、違う」と否定してくれる別の考えは、私には用意できなかった。

    これは...もしかして、重大なことに気づいたのかも!!

    そう思った私は、すぐにネットで「暇 退屈 人間にとって最大の 哲学者」というキーワードをもとに検索。すると、この本が出てきた。

    読みながら、筆者と読書会?勉強会?をしているような気持ちになる。
    「先生、ということは、こういうことですか??」
    と、素直な気持ちで質問してみたくなる。
    知的好奇心を刺激してくれる本だった。また、今まで一度も哲学に興味を持ったことがなかったが、私のように「暇ってなんだろう」「暇と闘う方法」を考えるところから哲学が始まったとか始まらないとかいうことを知ったのも、この本をきっかけとしてだった。

    気晴らしをしながらも「楽しかった」と「退屈だった」が混在するくらいが一番人間として健全なのかなって、そういうところに落ち着いた。
    何かに夢中だったり、自分としか対話していなかったりしているときって、どちらにせよ、余裕がないから、時々自分の世界に不法侵入してくるワクワクするようなことも、キャッチできなくなってしまう。どこで待ち伏せしていれば、自分が動物的に夢中になれる何かが通りかかるのか・・・少しはわかるようになったのも、数々の失敗経験やこれまで食べてきた美味しいものや、別の人の考えにさんざん耳を傾けてきたことのおかげだったんだな。
    思えば、この本に出会ったあの考えが私の頭の中に不法侵入してきたときこそ、退屈と気晴らしが混在していた瞬間だったのだ。

    浪費と消費の違いについて、読んだときはよくわからなかったけれど、水中毒の患者さんの治療法を別のサイトで読んで、「浪費」がここで推奨されていることの意味がやっとわかりました。(読んでわからなかった方、調べてみてください。おすすめです!)

    学んでいかなければ、とことん楽しむこともできない。美味しい料理の味の違いがわからないのと一緒で。
    経験して、学んで、時々動物みたいに何かに夢中になって、また退屈して。気晴らしをするのであれば、とことん贅沢して、一瞬一瞬を味わって。もういらな~い!満足!ってくらいまで。
    な~んだ、そんなことでよかったのか。
    というオチだということは、自分の考えと合っていたということだろうか。哲学・倫理学に興味を持たせてもらったので、★5つ。

  • まだ完全に咀嚼できていないが、結論はともかく、登場する疑問は共感できるものが多かったので、星4。

  • 評判だったので刊行まもないときに購入。著者は人は暇と退屈を感じるものという前提で論を進めていくが、小生、著者のいう「暇と退屈」を感じたことがないタイプの人間であり、閉口。p.229暇あり退屈なしは「暇を楽しそうに過ごしている」「有閑階級もこの分類」とかね。暇と退屈の根元的考察が省かれており、小生には有益ではなかった。世代差かな。

  • 幸福な人とは、楽しみ・快楽を既に得ている人ではなくて、楽しみ・快楽をもとめることができる人である、と。楽しさ、快楽、心地よさ、そうしたものを得ることができる条件のもとに生活していることよりも、むしろ、そうしたものを心からもとめることができることこそが貴重なのだ。(p.55)

     定住民は物理的な空間を移動しない。だから自分たちの心理的な空間を拡大し、複雑化し、そのなかを「移動」することで、もてる能力を適度に働かせる。したがって次のように述べることができるだろう。「退屈を回避する場面を用意することは、定住生活を維持する重要な条件であるとともに、それはまた、その後の人類史の異質な展開をもたらす原動力として働いてきたのである。」いわゆる「文明」の発生である。(p.88)

     (ハイデガーの言述)哲学に関してどんなに広範囲のことを扱ったとしても、問うことによって私たち自身が感動させられているのでないならば、何事も理解はできない。結局はすべて誤解にとどまる。(p.200)

     本当に恐ろしいのは、「なんとなく退屈だ」という声を聞き続けることなのである。私たちが日常の奴隷になるのは、「なんとなく退屈だ」という深い退屈から逃げるためだ。
    私たちの最も深いところから立ち昇ってくる「なんとなく退屈だ」という声に耳を傾けたくない、そこから目を背けたい……。故に人は仕事の奴隷になり、忙しくすることで、「なんとなく退屈だ」から逃げ去ろうとするのである。(pp.240-1)

    人間の大脳は高度に発達してきた。その優れた能力は遊動生活において思う存分に発揮されていた。しかし、定住によって新しいものとの出会いが制限され、探索能力を絶えず活用する必要がなくなってくると、その能力が余ってしまう。この能力の余りこそは、文明の高度の発展をもたらした。が、それと同時に退屈の可能性を与えた。
    退屈するというのは人間の能力が高度に発達してきたことのしるしである。これは人間の能力そのものであるのだから、けっして振り払うことはできない。したがってパスカルが言っていた通り、人間はけっして部屋に一人でじっとしていられない。これは人間が辛抱強くないとかそういうことではない。能力の余りがあるのだから、どうしようもない。どうしても「なんとなく退屈だ」という声を耳にしてしまう(p.244)

    人間にとって、生き延び、そして、成長していくことは、安定した環世界を獲得する過程として考えることができる。いや、むしろ自分なりの安定した環世界を、当方もない努力によって、創造していく過程と言った方がよいだろう。
    はじめて保育園や幼稚園まるいは学校といった集団生活のなかに投げ込まれた子どもは強烈な拒否反応を示す。それは、それまでに彼ないし彼女が作り上げてきた環世界が崩壊し、新しい環世界へと移行しなければならないからである。これは極めて困難な課題である。だからしばしば失敗も起こる。(pp.322-3)

    単に「考えることが重要だ」と言う人たちは、重大な事実を見逃している。それは、人間はものを考えないですむ生活を目指して生きているという事実だ。
    人間は考えてばかりでは生きていけない。毎日、教室で会う先生の人柄が予想できないものであったら、子どもはひどく疲労する。毎日買い物先を考えねばならなかったら、人はひどく疲労する。だから人間は、考えないですむような習慣を創造し、環世界を獲得する。人間が生きていくなかでものを考えなくなっているのは必然である。(p.325)

  • 「ー」

    最近読んだ本の中で、一番面白かった本。
    後半は、内容が難しくなる。

    供給が需要を作る。
    人が欲しいのは結果ではなく、それを手にいれるまでの過程。
    暇、客観なもの。退屈、主観なもの。
    ハイデガーによると、退屈は3つの形式がある。
    退屈の反対は興奮。

  • すっかり知名度を得た國分さんの出世作。発売当時、つまらなくて途中読みだったのを再読。

    個人的には根本的な退屈を感じたのは、中学3年生の夏休みの時だった。世の中の可能性やらなんやら先が見えてしまって、なんて人生は退屈なんだと思って耐えられなかったのを覚えている。(それを紛らわすためにギターを買ったのも覚えている)
    ただ、ある程度大人になってからは、そんなに悩まされないんだよな。だから著者の問いが響いてこなかった。あと、以前読んだ時も感じたが、議論が恣意的な部分が強くてついていけないとこがある。論文じゃないから仕方ないとはいえ、もう少し説得力が欲しいと思うのは欲張りか?

    この本の問題をひとつあげるとすると、消費社会の疎外論とハイデッガーの退屈の分析がうまく繋がってないことだと思う。なんというか、一本筋があって向かっていくというより退屈についていろんな面から分析しました、といった感じがどうもしてしまう。
    ちなみに批判ついでに思ったのが、結論で持ち出される物を楽しむことという話だが、それが消費ではなぜいけないのか説明が曖昧な気がする。そもそも、浪費と消費という二項対立を持ち出しているが、区別できるのか? これってともすれば、著者が注意を促した疎外に対する本来性を立てることと同じになりかねないのでは?

    なんだか文句ばかりになってしまったが、ひねくれた読み方をしなければ面白い本だと思う。

  • 行きつく先はあの夫人でした。

  • 言葉がきれいで論文っぽい構成でとても読みやすかった。中のいろいろなアイディアも面白かった。

  • 暇と退屈について深く掘り下げて考察していく。
    経済史・人類史・自然科学など多岐にわたる切り口でこれを考え、
    結論(人生の楽しみ方)に収束していく過程が面白い。
    難しくて読み飛ばした箇所もあるが、
    哲学ってこういう学問なんだということが少し理解できた。

  • 退屈な人は快楽より興奮を求めている。

    忙しい忙しいと言いながらSNSやオンラインゲームばかりしていた人を思い出した。その人、いつも退屈そうな顔をしていたっけ。

  • ネタバレにもなってしまうのだが、序盤から、ラッセルの言う退屈を克服する手段としての「熱意」が挙げられて、僕はもう、それだ!と得心したようになってしまい、読み終えた今もなお、僕個人としては「熱意」という行動、そのキーワードは的を射ていると思っている。著者の最後の結論からしても、それは当たらずと言えど遠からずではあった。著者の結論と総合して考えてみると、「よく生きよ!」ということに突き当たる。楽しみ、熱中し、よく笑え、というような。そして、それこそが贅沢であるだろう。著者も触れているが、戦争や飢餓、貧困などのために、そういった退屈克服に取り組めない人もいる。

  • タイトルに引かれて手に取り、一気に読めた。
    前半の様々な哲学者の暇と退屈に関する考察のまとめが非常に面白かった。そこから環世界の話への展開、視野が広がった。
    若干理解し切れていないところもあるのでもう一度読みたい。

  • ひと昔前は「忙しい」自慢、多かった。今だったら、「時間管理のできない人」のようで、口に出しにくい感じするけど、かといって「暇だ~」という人が増えたわけじゃない。することがない=つまらない人間じゃありません、充実してますよーてポーズもあるんじゃないかしらん。あれこれやってるふうに見えて、ほんとは退屈してても。

    人間はなぜ退屈を感じるのか。じゃどうすればいいのか。答えを探るため、いろんな分野の学者さんの教えが紹介されている。「狩猟採集生活から定住生活へ」「ダニの眼から見た世界」など、それだけで読んでも面白い話も。ふだん接しないような分野も盛り込まれていたことで、見方が広がった気がする。

  • 本を読むが、中身の情報を得るだけであると考えるのは間違いだ。同じ意見であった場合は自分の考えが言語としてまとまる、作者と反対の意見であった場合にはどこが違うかを考えることでより考えが深まる。テーマが自分が日頃考えていたことであっただけにそのような反応が自分の中に起きた。結論に関しては自分の思っていたことと同じでだいたい同意できた。

  • 2年前に大手町の本屋で見かけて、面白そうだと思ったけど、決して安くない価格なので、少し躊躇もあり、その時は買わなかった。ようやく最近買って読んだけど、とても面白かったです(なぜもっと早く買わなかったのか?)。
    まずテーマが良い。商学部を出ている人間の言うことではないかもしれないが、元々学生の時から、会計とか英語とか、実利的なことへの関心は高くない。それよりも、どちらかと言えば社会科学・人文学的な意味合いにおいて、世界がどう成り立っているのかとか、どう生きるかとかをふわふわ考えている方が性に合っている。
    また特にこの手の本は、著者の癖(文体、姿勢、息づかいetc.)が合わなかったり、また話が専門的、抽象的過ぎて理解できないということもままあるが、この本においてはそのようなことはなかった。話も具体的で、理解しやすい。
    そして学際的なテーマのせいか、あらゆる知見を駆使しているが、その一つ一つが面白く、印象深い(特に「定住革命」「消費と浪費」「退屈の第一~三形式」の話など)。
    最後に、やや論の展開には強引な印象も受けるけど(というのも、あらゆる知見が総動員されているため、というか、されすぎているため、門外漢からすれば、我田引水的にはなっていないだろうか?と多少不安を感じないでもない)暇と退屈、引いてはどう生きるかということについての筆者の取り組み姿勢そのものは、至って真面目であると感じました。

  • ウサギ狩りに行く人はウサギが欲しいのではない。
    巻末で著者が記している通り、結論をまとめると凡庸に聞こえるのだが、通読することで「退屈」についての自分なりの考察が芽生えてくるので、飛ばし読み、つまみ読みを許さない、手ごたえのある本である。
    自分はちょっと中盤以降の哲学の詳細解説で目が滑ったところがあるので理解は不十分だろう。

全247件中 1 - 25件を表示

暇と退屈の倫理学に関連するまとめ

暇と退屈の倫理学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする