シンクロニシティ

  • 58人登録
  • 3.41評価
    • (3)
    • (3)
    • (10)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
  • 朝日出版社 (1989年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784255890425

シンクロニシティの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「シンクロニシティー」:共時性と訳される。意味を持つかのように結び合わされた偶然の出来事の連なり。
    *心に思っていることが外界に現れる現象。

     この現象がなぜ起きうるのか? 物理学、量子力学、分子生物学、ユング心理学、等の広範な領域の研究や学説を駆使して、著者F.D.ピートは大胆な仮説を組み上げて見せる。
    曰く、
    「シンクロニシティー」は、心と物、精神から物質へと橋を渡す現象である。
     生物学者シェルドレイクの形態形成場の理論、物理学者ボームによる内蔵秩序の理論などが引用され、素粒子等の微細な領域がいかに流動的で混沌としているかが説かれる。筆者は、この量子レベルの混沌では「精神」と「物質」の親和性が強いとする仮説を立てる。量子レベルでは物質と精神の間の境界線はなく、相互に影響を与えるエネルギー場がある、とするイメージを提出する。

     本来、物質と精神は混沌として一体のものであり、この「場」では「意味」が、ある必然性を有する。そのように宇宙に於いては自然である理が、人の生活や人生のなかに時折染み出すことがある。それが奇妙な偶然の一致:「シンクロニシティー」だと言うのだ。

    この論はタオイズムに通じる考えでもあり、僕個人は強く魅かれた。
    世界観・宇宙観が変質し、人生観をも揺さぶる刺激的な書である。

    (ただ、専門用語が多くて難しく、翻訳も硬いのが難。) 

  • あとでレビュー書く

全3件中 1 - 3件を表示

管啓次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ジェームズ アレ...
村上 春樹
ウィリアム・ゴー...
村上 春樹
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印

シンクロニシティを本棚に登録しているひと

シンクロニシティを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シンクロニシティの作品紹介

穏れた次元と創造的な宇宙。ユング心理学、量子論、ナスカピ・インディアンの託宣、中国古代文明、デヴィッド・ボームの内蔵秩序、ルパート・シェルドレイクの形態形成場、プリゴジーヌ、グノーシス主義のプレローマ…。

シンクロニシティのペーパーバック

シンクロニシティのペーパーバック

ツイートする