深夜特急’97―劇的紀行 (西へ!ユーラシア編)

  • 30人登録
  • 3.93評価
    • (6)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 朝日出版社 (1997年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (121ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784255970202

深夜特急’97―劇的紀行 (西へ!ユーラシア編)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もう10年以上も前、大沢たかおさん主演で『深夜特急』のドキュメンタリードラマが放映されました。
    全三部作だったのですが、こちらはそのうちの第二部の写真日記となります。

    旅程はインドからネパール、パキスタン、イランと渡っていく感じで。
    こちらも10年以上前に出版されていたのですが、ここ数年で悩みに悩んで購入。

    実際の『深夜特急』からの引用文と、大沢さんの道程のクロスオーバーがどこか不思議で。
    純朴に積み重ねられていく写真は美しく、その中で成長していく大沢さんご自身もまた、素敵でした。

    今見ても決して古さを感じさせず、旅に出たくなってしまうのは、やはり危険で。
    ん、久々にDVDを引っ張り出したくなりました。

  • 原作者・沢木耕太郎の足跡を追って旅をするテレビ番組「劇的紀行・深夜特急」の第2弾(「西へ!ユーラシア編」)のロケを写真と文章、インタビューからたどった記録集。大沢たかおの話は意外と深く、写真も美しく、旅情を誘います。

    「健康であれば、僕はいい作品ができると思う」という大沢たかおの一言は、テレビの作品に限らず、あらゆる部分に通じますよね。

  • 778.8

全3件中 1 - 3件を表示

深夜特急’97―劇的紀行 (西へ!ユーラシア編)はこんな本です

ツイートする