高飛びレイク 【全】 (ソノラマノベルズ)

  • 40人登録
  • 3.45評価
    • (1)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 火浦功
制作 : 高橋 明 
  • 朝日ソノラマ (2006年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (696ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784257010876

高飛びレイク 【全】 (ソノラマノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み直しだったので入れるかどうしようか迷ったけど、完全に内容忘れてたので入れておきます。
    レイクは火浦作品の中でもダントツに好きだったシリーズです。エナジーイコールエムシースクエアの公式を耳にするたび、思い出します(笑)。
    ずっと続編を楽しみにしてたのですが、まぁ仕方ないか。
    大好きです。

  • 知る人ぞ知る(笑)火浦巧。最近復刊ラッシュ。
    ハヤカワで出てましたがこの度朝日ソノラマから完本出ました。
    やるなソノラマ。
    テレポーテーション能力のある超能力犯罪者が主人公のSFコメディ。

    カバーイラスト・本文イラスト / 高橋 明
    カバーデザイン / シマダ ヒデアキ(ローカル・サポート・デパートメント)
    初出 / 『宇宙カジノ略奪作戦』(1982)『99%のトラブル』(1984)『ファントム・レディ』(1985)、以上ハヤカワ文庫 加筆訂正の上書き下ろし1本

  • 本編1冊、番外2冊という未完の小説が「全」となって・・・もう続きは出ないってことですかー(;´ρ`)

  • 火浦功の絶版作品の復刊です。

    テレポート能力を持った宇宙盗賊が主人公のコメディタッチのSFです。超ハードボイルドな番外編も入ってます。

    昔に出ていた単行本3冊の内容を1つに詰め込んであるので分厚いです;前に復刊した「トリガーマン!」と同じパターンで、新しい書き足しは巻末に数ページだけです。挿絵も復刊トリガーマンの人と同じ人が書いてます。昔このイラストレーターの書いたマンガを持っていたような…?(記憶曖昧)

    この高飛びレイクシリーズは、本編が一作なのに外伝が2冊出て、ソレで終了っつぅとんでもないシリーズでした(爆笑)まぁ一話完結なので、本編外伝の区別無しに読める作品です。

    ワタシはコレの絶版本を全部持っているので、巻末のお茶濁し程度の数ページしか未読はなかった(実際買ってソコしか読んでない)んですが、火浦先生の生活費の足しになればと思って買いました(爆)

    正直、この人は今はもう小説は書けないんだろうなぁ…ワタシが知った時点で既に枯渇していた感もあったし。軽く読める文章を、物凄く考えて考えて書いていた人なので、人に見えない所で頑張りすぎて力尽きたような気がします。(ゲームやりすぎって意見もありますが爆笑)

    ギャグ漫画家は寿命が短いのと同じですね(笑)

全5件中 1 - 5件を表示

火浦功の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

高飛びレイク 【全】 (ソノラマノベルズ)はこんな本です

高飛びレイク 【全】 (ソノラマノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

高飛びレイク 【全】 (ソノラマノベルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

高飛びレイク 【全】 (ソノラマノベルズ)の作品紹介

レイク・フォレストは"高飛び"レイクと呼ばれる超能力犯罪者で、相棒のジム・ケースとともに宇宙を股にかけての強盗三昧。そんな彼らの前に疫病神な美女・ジェーンが現れ、『銀河系で最高の人材を集めた』という犯罪者ドリーム・チームに二人を強制的に参加させてしまう。チームを率いるのは伝説的な強盗の大佐-そして彼らのターゲットは、一万人の私兵に守られた宇宙カジノの宝物室!火浦功の伝説的シリーズが完本となって登場。

ツイートする