百鬼夜行抄 (11)

  • 292人登録
  • 3.56評価
    • (27)
    • (22)
    • (87)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 今市子
  • 朝日ソノラマ (2003年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784257904908

百鬼夜行抄 (11)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々に読んだので、設定とかキャラとか微妙に忘れちゃってたけども、このマンガやっぱり好き!幻想的な雰囲気に浸れるし、幽霊とか死後の世界の表現もオーバーじゃなくて、現実の世界との交換可能のようなハードルが低い感じも好きだなー!

  • 二つの箱、とぎれた蔓、小さい虫、鬼の嫁取り、

  • 不思議な不思議な百鬼夜行抄、いつも通り良いです。

  • 怪奇ミステリーベースですが、妙な日常感が漂う作品。今市子の特徴でもあります。
    "暗"の印象を与える絵柄でありながら、"笑"の表現が多くみられます。

    基本的に1話〜数話完結。
    だいぶ長く続くシリーズですので、産みの苦しみを思わせる話もありますが、
    まだ完全なねた切れではないようです。

  • 【購入済】

  • 大好きな漫画です。主人公の日常には妖魔だとか霊だとかが自然に存在しているんですが、それでも『相容れない』ことが前提となっています。愛の力で乗り越えた方々もいますが(笑)優しいようで優しくなく、冷たいようで暖かな物語です。

  • 一番好きな漫画といって差し支えないです。

  • 人ではないものを感じられる能力を幻想小説家である祖父から受け継いだ飯島律。
    彼と同じように、その能力を受け継いだいとこ飯島司を中心に、不思議な出来事が綴られていくお話しです。

    ホラーというほど、恐くはないですし、スプラッターということもない。
    不思議なお話しなのです。
    切なかったり、笑えたり、読後感はまちまちですが……。
    淡々と語られる物語がありさうでなさそうというところが、何とも面白いのかと。

  • 一見のほほーんとしてるんだけど。結構不気味な話が多い。律に友達を作ってあげてほしいな。後、開さんのストーリーもお願い。

  • もうすぐ12巻が出ます!!
    飯島律と、妖怪やら幽霊やらとの愉しい非日常!って感じです。かなりお勧めです。男性も楽しめると思います。まだ続いてるのに文庫化されてます。人気のある証拠かな。

全10件中 1 - 10件を表示

今市子の作品

百鬼夜行抄 (11)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする