日本で一番まっとうな学食

  • 25人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 山本謙治
  • 家の光協会 (2010年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784259547318

日本で一番まっとうな学食の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブックデザインをいたしました。

  • 食べるものは大事。
    私もこんな給食たべたいなぁ~

  • 日本の学食にフォーカス。

  • 無農薬野菜、手作り調味料、無添加食材、手作り天然酵母パン…とにかくすごい!本気になればここまでできるのか…。しかも赤字を出していないのは、学校給食だから。ここまでいかずとも、できることはたくさんありそう。私もこんな学校に通いたかったなあ。

  • 日本で一番<まっとうな>学食を食べてみたいと思いませんか?

    料理、教育、給食などに興味のある方に、是非。

    豪華だとか、高価だとか、そんなものではないあくまでも<まっとうな>食事をすることを忘れてしまった人のなんと多いことかと、思いました。

  • 2010.9.17 図書館。
    日本で一番おいしいでもなく、身体にいいでもなく、「まっとうな」というところがいいですね。まっとうな仕事。まっとうな生き方。まっとうなって大事だと思う。食事に関してまっとうであるためには30年くらい前の食生活に戻ればかなりまっとうなものになると思います。恐れずに後退せよ!

  • 完全無農薬の野菜、抗生物質を使わない食肉、パンは手作り天然酵母。漬物の類まで手作り。こんな食事が一食500円!生徒は「自分のお腹具合と相談して」、大盛りにしてもらったり、減らしてもらったり。学食のおばさんたちとは一言、二言交わしながら。「食べる」ことを「空腹を満たす」「体を成長させる」だけのものではないととらえる自由の森学園の姿勢がここからもよくわかる。幼年期・小学生ばかりに偏りがちな「食育」は中高生にも非常に重要なはず。賛成である。

全7件中 1 - 7件を表示

山本謙治の作品

日本で一番まっとうな学食はこんな本です

日本で一番まっとうな学食の作品紹介

学園を巣立った後、食に関わる仕事をしている卒業生は非常に多い。その多くが「学園の食堂は、今から考えるとすごかった」と言う。自由の森学園「食生活部」の志と、あるべき中高生の食への不断の努力の全貌が、卒業生たちの手によって明らかになった。

ツイートする