看護師の臨床の『知』―看護職生涯発達学の視点から

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 佐藤紀子
  • 医学書院 (2007年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260005623

看護師の臨床の『知』―看護職生涯発達学の視点からの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 教員のオススメ(成人)
    図書室だより夏号(2017年)掲載

  • 三葛館看護 N110||SA

    保健看護学部 宮嶋正子先生
    入学のお祝いに図書を推薦します。今後の学びの基盤を形成する書としてお読みください。
    看護師は経験を積み重ね、熟練の過程で実践的な知識を用いており、その実践的な知識を書き、そして語ることによって言語化し、患者にケアを提供していくことが必要であり、臨床の知として伝達を可能にすると述べています。

    和医大OPAC →http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=48559

  • 看護職生涯発達学を立ち上げ、看護師が何をよりどころに仕事を続けているか言葉にすることの意味と価値の重要性を訴え、ナラティブをいくつものせている。

全3件中 1 - 3件を表示

佐藤紀子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

看護師の臨床の『知』―看護職生涯発達学の視点からを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

看護師の臨床の『知』―看護職生涯発達学の視点からを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

看護師の臨床の『知』―看護職生涯発達学の視点からを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする