質的研究のための現象学入門―対人支援の「意味」をわかりたい人へ

  • 27人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 佐久川 肇 
  • 医学書院 (2009年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260010085

質的研究のための現象学入門―対人支援の「意味」をわかりたい人への感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトル通り現象学の入門書。
    現象学的方法は、生の意味(実存)を客観性(妥当性)をもって明らかにするというものである(p.11)。

    本書の特徴は、理論はもちろん事例をあげて解説している点、図が多い点、難しい言葉を使わない点である。

    事例を読むと批判したくなるが、その後の章で批判に応えてくれている。

    パラパラとしか読んでいないが、研究で現象学的方法を用いるならとっても役立ちそうな本。

    (まっちー)

  • 未読。編者欄に恩師の名前が。

  • 科学ばかりの心理学研究に疑問がわいてきたらこの1冊。
    本当に超入門書なので、質的研究の意義が1から理解できる。
    具体例もたくさん出てくるし、質的研究やりたいっ!と思わせてくれます。

全3件中 1 - 3件を表示

植田嘉好子の作品

質的研究のための現象学入門―対人支援の「意味」をわかりたい人へはこんな本です

質的研究のための現象学入門―対人支援の「意味」をわかりたい人へを本棚に「読みたい」で登録しているひと

質的研究のための現象学入門―対人支援の「意味」をわかりたい人へを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

質的研究のための現象学入門―対人支援の「意味」をわかりたい人へを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする