構造と診断 ゼロからの診断学

  • 42人登録
  • 4.22評価
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 岩田健太郎
  • 医学書院 (2012年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784260015905

構造と診断 ゼロからの診断学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 所在:紀三井寺館1F 請求記号:WB141||K6
    和医大OPAC→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=170076

  • なかなか刺激的だった。
    ウィトゲンシュタインとかハイデガーとか結構個人的に親和性の高い哲学者が出てきたり,ソシュールの言語論からシニファンとシニフィエがひっぱられてきたり,ゲシュタルトの話が出てきたり。

    やっぱり診断学は面白い。

  • 2階書架 : WB141/IWA : 3410154265

  • 診断とは何かについて根源的に考えられた本。
    よくある診断学の本と実際の臨床との乖離を言語化して下さっていて腑に落ちることが多かったです。
    診断とは現象に対して恣意的に名前を付けること。僕らに出来るのは現象が醸し出す雰囲気を掴むこと。その武器として、病気の知識、検査、診断手段(帰納法やオッカム・レザーなど)があるわけです。
    それに加えて「~っぽい」という様なゲシュタルト(ヒューリスティックとは違います)やゲーム理論、文脈(患者さんの今までの経過=物語)など今まで無意識になんとなく行ってきたことも説明されています。
    診断はほんとうに難しいです。
    僕も以前に、高齢の方で透析中から徐々にお腹が痛くなり、嘔吐と下痢を繰り返すようになり、翌日に「症状はすべて治まったけど食欲がなくて」という訴えで受診した方が、腸管破裂+汎発性腹膜炎だったことがあります。症状に合わない高熱があるため撮った腹部XPがなかったら・・と思うと肝が冷えました。
    診断を誤らせる状況を知り、検査前確率を高めるために自己研鑽しながら、個々の症例に悩みながら向き合うことがよりよい診断の一歩なんでしょうね。

  • 元々が雑誌の連載だからのためか「主体性は教えられるか」よりも読み口は軽いが、金言多数.
    同じ診断名が付いても全て同じ事象を見ているわけではないことなどを繰り返し教えてくれる.
    プロのお手本を示してくれる良い本.

全7件中 1 - 7件を表示

岩田健太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大野 更紗
岩田健太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

構造と診断 ゼロからの診断学に関連するまとめ

構造と診断 ゼロからの診断学はこんな本です

構造と診断 ゼロからの診断学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

構造と診断 ゼロからの診断学を本棚に「積読」で登録しているひと

構造と診断 ゼロからの診断学の作品紹介

診断とは何か?根源的に、そして真摯に、患者と向き合い、診断に近づいていこうとする岩田健太郎、初の診断論。

ツイートする