羽生善治のみるみる強くなる将棋入門-5ヵ条で勝ち方がわかる (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)

  • 213人登録
  • 3.98評価
    • (20)
    • (18)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 羽生善治
制作 : 羽生 善治  羽生 善治 
  • 池田書店 (2009年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784262101446

羽生善治のみるみる強くなる将棋入門-5ヵ条で勝ち方がわかる (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これを3分の1程度読んだだけで、将棋のプロになるのは完全に諦めがつきました。

    それだけ奥深くきびしい世界だと言うことですね。

    プロ棋士は、来世狙います。

  • 将棋の入門書。
    駒の動かし方といった基本的なルールの説明から始まり、将棋を指す際の指針を解説している。
    初心者は駒の動かし方が分かっても、いざ将棋を指すとなるとどうした良いか分からない、といった事態におちいりがちだ(少なくとも私がそうだった)が、本書では、どういった指針で指していくのが良いか(小駒から攻めるのが良いなど)、そして、それが何を目的としていて、勝負の中でどういった意味を持つのか、といったことを丁寧に解説してくれる。将棋に興味を持って最初に読むのに適した本であると思う。

  • 将棋の入門書。「ルール説明以上のこと」が多く書かれているので、初心者ではないがためになった。


    【目次】
    はじめに [002-003]
    目次 [004-009]
    本書の見方と特徴 [010]

    プロローグ 将棋の基本 011
     将棋の基本/棋譜の見方/対局の流れ/対局のマナー

    第1章 駒プロフィール駒ごとの特徴 021
    歩兵(と金) 勝負を左右する犠打の名手
    香車(成香) 直線一気の攻撃!またの名を「ヤリ(槍)」
    桂馬(成桂) トリッキーな動きが持ち味の伏兵
    銀将(成銀) 守りより攻め向き 得意技はジグザグ攻撃!
    金将     玉将をガッチリ守る守備の要
    角行(竜馬) ナナメならどこまでも!攻撃の準主役
    飛車(竜王) 縦横無尽に走りまわる攻撃隊長!
    玉将(王将) 取られたら負けの大事なリーダー
    禁じ手について(将棋でやってはいけないこと)

    第2章 勝負に勝つための5ヵ条――勝利をつかむ方法 057
    5ヵ条その一 取る
    5ヵ条その二 攻める
    5ヵ条その三 成る
    5ヵ条その四・壱 詰める
    5ヵ条その四・弐 寄せる
    5ヵ条その五 囲う
    ステップアップ 戦法

    第3章 詰め将棋――数をこなして強くなる 173
    ・詰め将棋のルール
    ・第一問~第十二問(1手詰)

    付録 将棋の用語集 [187-191]

  • 下手っぴな自分にはちょうど良い。意外とこのレベルは無いんだよね。

  • 羽生さんがわかりやすく解説。ほんとに初歩の初歩やから勉強になる。

  • 将棋入門書。
    入門者、初心者対象。

    プロローグと1章を読めば将棋のルールがわかると思います。
    図が多く、入門者にもわかりやすい。
    だいたい最初に出てくる特徴的な漢字は振り仮名がある。それ以降はなし。
    全て振り仮名があるようなしつこさはない、低学年以下は大変かも。

    2章で手筋などが覚えられる
    これを覚えると入門レベルは超えることができると思う。
    良い入門書だと思います。



    プロローグ 将棋の基本
     将棋の基本/棋譜の見方/対局の流れ/対局のマナー

    第1章 駒プロフィール
     駒プロフィール 駒ごとの特徴(駒の動かし方)
     禁じ手について

    第2章 勝負に勝つための5ヵ条
     その一 取る
     その二 攻める
     その三 成る
     その四・壱 詰める
     その四・弐 寄せる
     その五 囲う
     ステップアップ 戦法

    第3章 詰め将棋(1手詰12問)

  • 将棋の心得のない自分でも知っている棋人、羽生善治による入門書。他の入門書を読んだことがないので比較はできないが、戦術や定石というよりもひとつひとつの局面における駒の基本的な動かし方や活用法が主で図や棋譜・イラストを使って(イラストの金と玉はちょっと見分けづらいが)平易に書かれている。また将棋の格言が頻出し、本に載っていない格言も調べたのだがなかなか参考になる。気紛れに始めた小学生以来の将棋だがこうしてテクニックを知っていくとかなり楽しい。まだ囲いや居飛車・振り飛車の戦法に関する知識が足りないので、今後はそっちを勉強したい。

  • 今年の目標の一つ、「将棋を覚える」

    駒の動かし方や置き方を「だいたい」知ってる、ぐらいのレベルからのスタートです。

    第2章で

     取る
     攻める
     成る
     詰める
     寄せる
     囲う

    という将棋の基本的な考え方を学べるんですが、
    これを知れると、一気に楽しくなります。

    もちろん急に勝てるようになるわけでは全くないんですが、
    どこをどう動かせばいいのかまったく分からん!という状態からは抜け出て、
    多少なり考えながら将棋を打つことができるようになったり、
    人の対局見てそのすごさや面白さも分かるようになります。

  • 初心者にわかりやすく、楽しく読めた。

  • 将棋を始めたい人には絶対、にはオススメ!
    初心者の自分には少し物足りない内容。

全19件中 1 - 10件を表示

羽生善治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村上 春樹
池井戸 潤
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

羽生善治のみるみる強くなる将棋入門-5ヵ条で勝ち方がわかる (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)はこんな本です

羽生善治のみるみる強くなる将棋入門-5ヵ条で勝ち方がわかる (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

羽生善治のみるみる強くなる将棋入門-5ヵ条で勝ち方がわかる (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

羽生善治のみるみる強くなる将棋入門-5ヵ条で勝ち方がわかる (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする