人体の張力ネットワーク 膜・筋膜―最新知見と治療アプローチ

  • 18人登録
  • 2レビュー
著者 : Robert Schleip
制作 : 竹井 仁 
  • 医歯薬出版 (2015年6月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784263215401

人体の張力ネットワーク 膜・筋膜―最新知見と治療アプローチの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 北里大学医学図書館OPACへ
    http://saosrv.kitasato-u.ac.jp/webopac/newexe.do?pkey=BB10129260

全2件中 1 - 2件を表示

人体の張力ネットワーク 膜・筋膜―最新知見と治療アプローチを本棚に「読みたい」で登録しているひと

人体の張力ネットワーク 膜・筋膜―最新知見と治療アプローチを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人体の張力ネットワーク 膜・筋膜―最新知見と治療アプローチを本棚に「積読」で登録しているひと

人体の張力ネットワーク 膜・筋膜―最新知見と治療アプローチの作品紹介

解剖学、生理学、臨床症状および関連する療法から最近開発された研究技術まで、広範囲の領域を提示。基礎科学研究にかかわる科学者はもちろん、身体の結合組織マトリックス(膜)の治療的な処置にかかわる専門家のためにも、関連した情報を系統化することを目的としている。身体中に広がるコミュニケーションシステムとしての膜の役割を探究。筋膜の力伝達に関する最新の情報を提供し、感覚器官の構成における筋膜の重要性を探究している。たとえば、腰痛と機能障害の発生に関連をもつ、その重要な固有受容および侵害受容の機能。器官と組織の連結性を確認する新しい画像診断の方法を記述している。

ツイートする