愚かな女は騒がしい。賢い男は珍しい。 (フォレスト・ブックス)

  • 25人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 石井希尚
  • いのちのことば社フォレストブックス (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784264021636

愚かな女は騒がしい。賢い男は珍しい。 (フォレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 借りたもの。
    キリスト教聖書の価値観から男女の結婚のあり方について説いた本。
    現代の結婚がただその場の気持ちだけでしてしまう事、即ち形骸化していること、夫婦でのスキンシップやコミュニケーション不足で破局に向かうことに警鐘を鳴らしている。
    「男女あるある」や「恋愛・結婚ハウツー本」とは少し違う。
    キリスト教会の恋愛に関するカウンセリングって、こういう感じなのか……という点で読んだ。

    スローセックスの推奨や男女差を踏まえた平等、女性が月のものに悩んでいる事への男性の理解、(信頼に足る人物であることが大前提だと思うが)男性の英雄願望とそれを満たしてあげる事も大切であるとあった。

    前半で「女性はサポーター」「夫に従え」「セックスは子孫繁栄のため」とあって、一瞬カチンときたが、読み込むと男性がそれに足る人物であることや、セックスはそれ故大事なことなので、たった一人のパートナーを大事にしなさい、という意味だった。

    後半は表面的な教会挙式・ウェディングドレスに苦言を呈している。それには共感。
    別に信仰云々の話ではなく、教会挙式・ウェディングドレスに込められている意味から結婚の意味を考える本として読んでも良いのかもしれない。

    この本では具体性に乏しいと思うので、聖書世界観を知らない方には物足りないものだと思う。
    私は個人的には「楽園追放」を本当は「追放」ではなく、知恵の実を食べ思春期を迎え独り立ちしなさいと神様に送り出された物語と解釈しているので、その辺りは割りきって読んでいた。
    そもそも聖書編纂された時代にも男性主体的な部分が強調されているので、女性が罪を招いたように書かれている気がしてならない。
    別の本の影響もあって、セックスについては「子孫繁栄のためのセックス」ではなく、「愛し合ってセックスしたから子を成した」の概念が正解ではなかろうか。
    ついでに言うと"make love"の響きの方が良いな……
    書かれた時代が10年以上前なので、当時はメジャーではなかったのだろうか。

  • 他の著書よりも、聖書に基づいて書かれている感じ。
    それから、セックスについてはこの本が一番詳しかったです。

    他のとはちょっと雰囲気が違ったけど、やっぱり勉強になりました。

  • 聖書を解読してみたいな、と思った。こういう本って女の子は読みたがるけど、男の子は読みたがらないだろうな。読んで理解してくれるような人ならもともと心配することもなさそう。

全3件中 1 - 3件を表示

石井希尚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

愚かな女は騒がしい。賢い男は珍しい。 (フォレスト・ブックス)はこんな本です

愚かな女は騒がしい。賢い男は珍しい。 (フォレスト・ブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

愚かな女は騒がしい。賢い男は珍しい。 (フォレスト・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

愚かな女は騒がしい。賢い男は珍しい。 (フォレスト・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愚かな女は騒がしい。賢い男は珍しい。 (フォレスト・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする