きみへのとくべつなおくりもの (たいせつなきみ)

  • 18人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 松波 史子 
  • いのちのことば社 (2006年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784264024804

きみへのとくべつなおくりもの (たいせつなきみ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分のもってるタラントを発揮しさえすればいんだよね.ほんとは.
    でも,現実そうもいかないゃって思っちゃったり….

  • 今回はいままでとは違う印象を受けたかな。

    確かに一生懸命だと自分の良さや得意なことを忘れてしまうかもしれないけど、誰かを助けたいって思う気持ちが大切だから、自分に何ができるかっていうのだけが重要とかなのかなぁって疑問に思ったからかも。
    でも「みんなで」得意分野を持ち合って誰かを助けられたら・・・というのは腑に落ちたな。

  • 一人一人にある個性、一人一人に贈られている才能。それはどんなにちっぽけに見えても、わたしに、あなたにおくられた特別なおくりものなのですね。それぞれを最大限に生かし、一つになった時、大きな力となってさらに皆が生きる原動力になるのです。もし、あなたが身体の一部分になるとしたらどの部分でしょうか。どの部分であっても単独では機能しないのだと考えたら、自分のおかれている大切さ、かけがえのなさに気づくでしょう。大切なきみ。かけがえのないきみ。今日も生きよう。

全3件中 1 - 3件を表示

マックス・ルケードの作品

きみへのとくべつなおくりもの (たいせつなきみ)はこんな本です

ツイートする