うまれたよ! アゲハ (よみきかせ いきものしゃしんえほん11)

  • 15人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小杉みのり
制作 : 安田 守 
  • 岩崎書店 (2013年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265020515

うまれたよ! アゲハ (よみきかせ いきものしゃしんえほん11)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アゲハチョウ…やっぱり幼虫はちょっと怖いというかキモチワルイ。。
    そういえばなんで「アゲハ」ってタイトルなのでしょうか??モンシロチョウは「モンシロ」ではなく「モンシロチョウ」だったのに…謎です。

    2014/07/08

  • [江戸川区図書館]

    よく読んでいる動物写真絵本シリーズの一冊。
    今回はアゲハ。アゲハではなかったと思うけれど、去年の夏、田舎で数匹イモムシを飼ってみたので5歳の息子も勝手がわかっている。ウンチも、おびえると頭から出す橙色の触手のような角も既に既知。

    ただ、サナギだけは本でもあまり見たことなかったのか?これなに?と言われてこちらも息子の理解レベルを再認識。こういうことがあるから、本を読むのって広く浅く様々なことが知れて面白い。

全2件中 1 - 2件を表示

小杉みのりの作品

うまれたよ! アゲハ (よみきかせ いきものしゃしんえほん11)はこんな本です

うまれたよ! アゲハ (よみきかせ いきものしゃしんえほん11)を本棚に登録しているひと

うまれたよ! アゲハ (よみきかせ いきものしゃしんえほん11)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

うまれたよ! アゲハ (よみきかせ いきものしゃしんえほん11)の作品紹介

サンショウの葉っぱの小さな卵から生まれた小さな幼虫は、鳥の糞のような白黒もようから緑のイモムシに変身。敵が近づくと、ニューッとにおいの角を出す。やがて大きくて美しいアゲハチョウになります。

第一期が好評だった「いきものしゃしんえほん」シリーズ、第二期のシリーズです。

ツイートする