うらしまたろう (はじめてのめいさくえほん)

  • 34人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 岩崎書店 (2000年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265030774

うらしまたろう (はじめてのめいさくえほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016.11 2-3

  • 2016.12 市立図書館 娘2歳1ヶ月

  • 今、この時期はこの位の長さがいいのかもの一歳半。

  • 最後に、ひげのおじいさんになってしまうところが子供には面白いよう。約束の話、変身してしまう話、色々な角度から読み聞かせてあげられます。

  • ★みどころ★
     
      むかし むかし うらしまたろうが

      かめを はまべで たすけました。


      「たすけて くださって ありがとう。

       おれいに りゅうぐうじょうへ ごあんないします。

       わたしの せなかに おのりください。」

      うみの なかを どんどん もぐっていくと
      
      りゅうぐうじょうが みえてきました。
      
      「ようこそ いらしゃいました。」

      うつくしい おとひめさまが でむかえてくれました。

      さかなたちの たのしい おどり

      おいしい ごちそう まるで ゆめのようです。

      うらしまたろうは つきひの たつのも 

      わすれて すごしました。

      そのうち ひとり のこしてきた

      おかあさんの ことが しんぱいになってきました。      
      
      「おとひめさま そろそろ かえります。」

      おとひめさまは おみやげに たまてばこを くれました。

      「けして あけては いけませんよ。」

      「はい、 わかりました。 さようなら。」

      うらしまたろうは かめに のって かえっていきました。

      むらに つくと

      みんな しらない ひとばかりです。

      じぶんの うちも わかりません。

      うらしまたろうは こまりはててしまいました。

      さみしくなった うらしまたろうは とうとう

      あけてはいけない たまてばこを あけてしまいました。

      すると なかから しろい けむりが

      もくもくと でてきて あっとゆうまに

      うらしまたろうは しらがの おじいさんい なってしまいま

      した。

      おしまい。

      <全文>

  • やはり昔話はもうすこし、古い装丁のものにすればよかったかも。。。と思った。話も短いような気がした。

全6件中 1 - 6件を表示

いもとようこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
酒井 駒子
にしまき かやこ
エリック カール
有効な右矢印 無効な右矢印

うらしまたろう (はじめてのめいさくえほん)はこんな本です

うらしまたろう (はじめてのめいさくえほん)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

うらしまたろう (はじめてのめいさくえほん)の大型本

ツイートする