ざぼんじいさんのかきのき (のびのび・えほん)

  • 177人登録
  • 3.96評価
    • (19)
    • (18)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 33レビュー
制作 : 織茂 恭子 
  • 岩崎書店 (2000年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265034642

ざぼんじいさんのかきのき (のびのび・えほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  けちなじいさんと,やさしいばあさん。
     昔話から,こういうパターンはあって,本書もまた,そのように期待通り進んで行きます。
     じいさんが改悛するのはいつなのか? 大人は,先が読めてしまいます。子どもも,このままいくとヤバいことになりそう…と分かってくると思います。
     ざぼんじいさんのけちな態度に対して全く対決しようとしないばあさんという組み合わせが,読後を爽やかにします。

  • Eテレのテレビ絵本であっていたお話で、続きが見られず次男坊にせがまれて借りてきた。 絵もほんわかして親しみのある絵柄に、次はどうなるのかなーとわくわく感もあっておもしろかったみたい。

  • ケチなざぼんじいさんは、隣りに越してきたまあばあさんが、自分のいらない物を使って、子どもたちと楽しく遊んでいるのが、気になってしょうがない。
    最後まで楽しく読める本だった。

  • 現代版のいじわるなおじいさん?

    ちょっと最後はかわいそう。

  • あまーい柿を独り占めするざぼんじいさんちのとなりに、まあさんがひっこしてきた。
    かきのへた、かきのはっぱ、かきのえだ、それぞれひとりじめしようとして…?
    最後にはみんなにっこりなお話です。
    (i44)

  • 2015/09/01 朝1年生
    2015/10/06 朝5年生
    20161110 中休み

  • 面白い! 私欲の強いじいさんの行く末は…?

  • 一年生のクラスに読みました。
    所要時間5分くらい。


    秋に。

  • 意地悪をしていると自分を滅ぼす。そんな些細なことを優しく教えてくれる絵本。

  • おもしろい

    欲張りなおじいさんがおいしい柿の実をひとりじめ
    へたをあげたらコマで遊んで(もうあげないために実をかくす)
    葉っぱをあげたらはっぱであそんで(もうあげないために葉っぱをかくす)
    枝をあげたらたきびにつかって、もうあげないために柿木を切っちゃう(!!)
    後悔してみんなで柿を食べて種をまくはなし

全33件中 1 - 10件を表示

すとうあさえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 義史
中村 牧江
トミー=アンゲラ...
谷川 俊太郎
マイケル・グレイ...
にしまき かやこ
エリック カール
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ざぼんじいさんのかきのき (のびのび・えほん)に関連するまとめ

ざぼんじいさんのかきのき (のびのび・えほん)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ざぼんじいさんのかきのき (のびのび・えほん)はこんな本です

ツイートする