ほろづき―月になった大きいおばあちゃん (のびのび・えほん (7))

  • 51人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 沢田としき
  • 岩崎書店 (2001年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784265034673

ほろづき―月になった大きいおばあちゃん (のびのび・えほん (7))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひいおばあちゃんのことを描いた絵本。亡くなってもその存在をかんじるおばあちゃんのことを想うとちょっと切ないような、安心するような気持ちになります。

  • 田舎のおばあちゃんと孫のお話。
    おばあちゃんは亡くなってしまう。

    私の周りにも、「おおきいおばあちゃん」と区別している友達がいました。
    祖父母の死は子供が一番始めに実感する「死」であることが多いと思います。優しいお話です。

  •  ユキの大きいおばあちゃんは、年に二回しか遊びに行けない遠い北の島に住んでいます。方言の強い大きいおばあちゃんの言葉は分からなくても、ユキは大きいおばあちゃんと一緒に楽しい時間を過ごします。しかし、大きいおばあちゃんは亡くなってしまいます。
     大きいおばあちゃんが亡くなって、火葬した日、雪の切れ間から丸い月が見えました。ユキは大きいおばあちゃんが月になって照らしてくれていると気付きます。
     大きいおばちゃんは、自分がいなくなっても月になって見守っていてくれるという解釈は、心がとてもあたたまりました。

  • 低学年、中学年向け

  • 沢田としき・著

    <あらすじ>
    夏休み、大きいおばあちゃんのうちに遊びに行った。大きいおばあちゃんは「またおいで」と見送ってくれたが・・・。

    <ひとこと>
    読んでいるうち涙がポロポロこぼれてきた。いなかのおばあちゃんのことを思い出す。おばあちゃんも「またあそびにおいで」といって見送ってくれたのに・・・。でもいまでもきっと空で見守ってくれている。

  • 大きいおばあちゃんは、本当に大きい。
    小さいけど大きい。

    ………

    おそうしきの夜、
    空に大きいほろのような雲がかかり、
    なみだみたいに、ポツリポツリと雨がふった。
    けれど、すぐにやんだ。
    風がゆっくりと雲をはこび、
    雲のきれまから、まるい月が出てきた。

    ………

  • なつかしい田舎の風景を思い出す1冊。
    元気だったおばあちゃんが月になって
    私たちを見守っていてくれる。

    じーんとしたあと
    ほんわか心があったかくなる本です。

全7件中 1 - 7件を表示

沢田としきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック カール
A.トルストイ
ピーター レイノ...
ローレンス ブル...
ユリー・シュルヴ...
荒井 良二
クリス・ヴァン・...
モーリス・センダ...
エリック カール
クリス・ヴァン・...
くすのき しげの...
有効な右矢印 無効な右矢印

ほろづき―月になった大きいおばあちゃん (のびのび・えほん (7))に関連するまとめ

ほろづき―月になった大きいおばあちゃん (のびのび・えほん (7))はこんな本です

ほろづき―月になった大きいおばあちゃん (のびのび・えほん (7))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ほろづき―月になった大きいおばあちゃん (のびのび・えほん (7))を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする