でんでんでんしゃがやってくる (のびのび・えほん)

  • 16人登録
  • 3.14評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 古舘綾子
制作 : 葉 祥明 
  • 岩崎書店 (2002年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (22ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265034772

でんでんでんしゃがやってくる (のびのび・えほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • がたんごとん
    がたんごとん
    がたんごとん

    でんでんでんしゃがやってくる…

    に合わせて、畑や海、氷…と、それぞれの世界観が描かれています。

    さて、次はどんな駅に着くのかなぁ?

  • でんでんでんしゃがやってくる。大きい山の小さい駅に。
    ぼくと動物たちを知らない場所につれて行ってくれる電車のお話。
    やわらかな優しい絵と静かな包み込むような文章。
    優しく穏やかな時間が流れます。

全2件中 1 - 2件を表示

古舘綾子の作品

でんでんでんしゃがやってくる (のびのび・えほん)はこんな本です

でんでんでんしゃがやってくる (のびのび・えほん)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

でんでんでんしゃがやってくる (のびのび・えほん)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

でんでんでんしゃがやってくる (のびのび・えほん)の作品紹介

知らない場所につれて行ってくれる、みんなの乗り物。子どもはもちろん、通勤通学の大人にとっても、どこか新鮮で楽しい気持ちが生まれる絵本。

ツイートする