まあばあさんのゆきのひピクニック (えほんのマーチ)

  • 19人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 織茂 恭子 
  • 岩崎書店 (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265034826

まあばあさんのゆきのひピクニック (えほんのマーチ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ののちゃん
    誕生日だけれど、珍しい雪が降っておばあちゃんが来れなくなる。
    まあばあさんはののちゃんを雪の日ピクニックに誘う。
    ゆきうさぎ、雪のケーキ、雪だるま…を作って遊んで、雪だるまを家まで運ぶうちにだんだんと大きくなる。
    周りの友達が協力してくれて、最後には大人数に。
    みんなでののちゃんの誕生日を祝うことに。

  • 雪の中を ピクニック!! 大きな ゆきだるま♪

  • 冬の読み聞かせ絵本を探していて手に取った本。
    誕生日なのに、雪のせいでおばあちゃんが来られなくなってしまったののちゃんのために、おとなりのまあばあさんが雪の日のピクニックを提案。
    雪なのに冷たい印象にならない絵が好き。
    最後に大き過ぎて起こせなくなってしまった雪だるまを、疲れて眠っている事にする発想が素敵だし、最後のページの雪だるまから、裏表紙まで、文字が無くてもちゃんと話が続いている。

    ただ1点、どうしても好きになれない文章があったので読み聞かせには多分使わない。
    ノウサギの足跡を発見したシーンで、「ひとりでピクニックかしら」はいいとして、続くセリフが「ひとりぼっちでかわいそう」。
    ここで、ん?と。
    一人でいても、一人でいるのが辛いのか、ちょっと自由を満喫しているのか、そんなのわからないじゃん、て引っかかってしまった。
    「一人=かわいそう」という発想がどうしてもだめでした。他はすごく気に入っただけに残念。

  • 2008・11・11

  • 一緒に遊んでくれる元気なおばあちゃん。理想的ですー。オチが良かった。

全5件中 1 - 5件を表示

すとうあさえの作品

まあばあさんのゆきのひピクニック (えほんのマーチ)はこんな本です

ツイートする