あたらしい子がきて (おはなしガーデン)

  • 26人登録
  • 3.43評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 岩瀬成子
制作 : 上路 ナオ子 
  • 岩崎書店 (2014年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265054916

あたらしい子がきて (おはなしガーデン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このお話はお姉さんのみきと妹のるいと弟のけんちゃんのお話です。またよしえちゃんというおばあちゃんが出てきます。しゅじんこうのみきちゃんとるいちゃんが公園にあそびに行った時に、よしえちゃんに会いました。そのよしえちゃんが広こくの紙を小さく切って一つ一つおってポシェットに入れていました。おり紙にはそれぞれ歌の名前がつけてあります。これが一番心にのこっている場面です。このお話を読んで、ふしぎなことをするおばあちゃんだなと思いました。みきちゃんは色んなふあんをかんじている女の子でした。

  • みきとるいの姉妹に、新しい家族ができました。
    弟のけんです。
    お父さんもお母さんもおばあちゃんも、けんにかかりっきりで、二人はおもしろくありません。

    そんな時みきが出会ったのが、よしえちゃんとあきちゃんの姉弟でした。
    二人はおばさんとおじさんなんだけど、よしえちゃんは子どものようなかっこうをしています。

    仲の良い二人とふれあううちに、みきとるいは、けんのことを思いやることができるようになります。

  • 弟がうまれたことで、周りの大人からじゃまもの扱いされている気持ちになるみきが、公園でおばさんなのに子供みたいなよしえちゃんと出会って…。

    兄弟が生まれたときに感じる複雑な気持ちを優しく描いた作品。

    イラストのふんわりした雰囲気も良い。

  • 弟が生まれて里帰りしている母親を待つわたし(9歳)と妹のるい。おばあちゃんと帰ってきた弟・けんに母親はかかりっきり。けんは新しい子でわたしは古い子。もう子どもじゃあないの?

    あたらしい子とは、転校生の事ではなく赤ちゃんの事だった。弟が生まれてそれまで出来上がっていた家族の関係が微妙に変わっていく。その過程に不安を感じる姉妹の様子を描いています。
    始まりは母親が姉妹と父親を捨てて家を出ていったかのような書き出しでびっくりさせられます。実は、出産後の里帰り中なのですが…。妹が生まれた時は、きっと幼すぎてあまり感じなかった不安が、9歳ともなると複雑に理解できるようなできないような、もやもやした気持ちが少しづつこなれていきます。

    良かったけれど、何歳くらいの子が読んで共感を感じられるのだろうか。同じ9歳くらいの子に、わかるかなあ。もう少し大きくなって、高学年か中学生くらいで読むと共感できるのでは??

全4件中 1 - 4件を表示

岩瀬成子の作品

あたらしい子がきて (おはなしガーデン)はこんな本です

あたらしい子がきて (おはなしガーデン)の作品紹介

一つちがいの姉妹の下に、歳のはなれた弟が生まれたことで、微妙に変化していく心境を、ときにコミカルに、ときにせつなく描き出します。やっぱりきょうだいっていいな。

ツイートする