ライオンとネズミ (イソップえほん3)

  • 39人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 蜂飼耳
制作 : 西村 敏雄 
  • 岩崎書店 (2009年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265066933

ライオンとネズミ (イソップえほん3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 有名な民話を西村敏雄さんの挿絵で。

  • へー。へー。この話ってイソップ童話なんだ。

    グリム童話と違って、イソップ童話は教訓性というか、道徳性があるんだね。

    面白かった。

  • 978-4-265-06693-3 24p 2009・10・15 1刷

  • イソップ物語。
    ライオンは小さいねずみに何ができるのかとばかにしますが、その小さなねずみに助けてもらうことに…。
    誰にだって、何かできることがあるのです。

  • イソップ物語
    今さらながらに読んでみたのは、西村さんの絵だったから

全6件中 1 - 6件を表示

蜂飼耳の作品

ライオンとネズミ (イソップえほん3)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ライオンとネズミ (イソップえほん3)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ライオンとネズミ (イソップえほん3)を本棚に「積読」で登録しているひと

ライオンとネズミ (イソップえほん3)の作品紹介

ライオンはてをのばしネズミをつかみました。「きゃあ、どうかゆるしてください。ゆるしてくれたら、きっと、きっと、おかえしをしますから」。-ネズミの命をたすけたライオンは、ある日人間につかまってしまいます。すると、あのネズミがあらわれ…。

ツイートする