ルルとララのフレンチトースト (ルルトララノフレンチトースト)

  • 70人登録
  • 4.27評価
    • (8)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : あんびる やすこ 
  • 岩崎書店 (2014年12月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265067251

ルルとララのフレンチトースト (ルルトララノフレンチトースト)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この巻では、ルルとララがフレンチトーストを
    作ってみんなを元気づけます。
    失敗した!と思ってもダメじゃない。
    固くなったパンだからこそ美味しくなることも
    あるんだね。

  • ◆いつも森の動物たちでにぎわっている「木のぼりひろば」。ところが、あらしがふきあれ、ひろばの木がたおれてしまいます。がっかりする動物たちを、ルルとララはお菓子で元気づけようとかんがえますが…。しぼんだきもちを元気づけるフレンチトーストをめしあがれ!
    カフェでも人気のあるフレンチトーストを、ホットプレートをつかっておしゃれにアレンジしていきます。
    さまざまなレシピとほんわかする物語で、心がほっとあたたかくなります。
    初版版にはルルとララの特製マグネットシート付き!


    (^^)<Comment
    シリーズの第19巻★

    ●めずらしく暗い始まりにビックリしたのだけれど、最後はちゃんとしまってる!
    ●やっぱりシリーズ初期は、ただ物語とレシピ…という感じだったけど、継続するうちにメッセージ性の強い物語が増えてきたね!
    ●今ではオシャレな食べ物の代表格でもあるフレンチトーストが、元々の語源は「ダメになったパン」で、硬くなったフランスパンを美味しく食べるためのアイディアだったのには感動したな♩¨̮⑅*♡
    ●「もうダメだとおもっても、みかたや、やりかたをかえれば、ちっともダメじゃない。まだまだ、だれかをよろこばせたり、役にたったりできる」うーん…深い!

  •  おもしろかったけど、みんなを元気付けるためのお菓子を作り始めるのが、広場がダメになってから、1か月も経ってからでいいんだ、て突っ込みたい。
     パンが手に入ったのが1か月てことだけど、お話の世界なんだし、何も1か月も経過させなくても…。
     ルルとララも、そんなに経つ前にシュガーおばさんに相談したらいいのに…。

  • ルルとララがきょうりょくして、森のみんなためのおかしを作ってあげるところがオススメのポイントです。

  • こんなアレンジもあるんだって感心しました。

  • 固くなったパンでもおいしく。冷えてもおいしく。毎回、楽しく読んでます!

  • ルルとララ第19作。ジャングルジムのように、ちょうどよい大きさの木がならぶ「木のぼりひろば」。森の動物たちはみんな大好きなばしょです。しかし、きのうのあらしが、ひろばの木をたおしてしまったのです。それをみて、森の動物たちはおちこんでしまいました。ルルとララは、みんなをはげますお菓子をかんがえていると、シュガーおばさんがたくさんの食パンをもってきて──。
    フレンチトーストの由来知らなかった!珍しくルルとララが失敗するものの、由来から連想させ作り、そのことが広場を上手く変身できたこと、良かったと思います。

  • 甘いスイーツで、ほっと和むことって ありますよね♪

全8件中 1 - 8件を表示

あんびるやすこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ルルとララのフレンチトースト (ルルトララノフレンチトースト)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ルルとララのフレンチトースト (ルルトララノフレンチトースト)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルルとララのフレンチトースト (ルルトララノフレンチトースト)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルルとララのフレンチトースト (ルルトララノフレンチトースト)の作品紹介

カフェでも人気のあるフレンチトーストをホットプレートをつかっておしゃれにアレンジしていきます。さまざまなレシピとほんわかする物語で、心がほっとあたたかくなります。
初版版にはルルとララの特製マグネットシート付き!

ツイートする