現代ミステリー短編集 (2) 西瓜流し

  • 14人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 阿刀田高
制作 : 古村 耀子 
  • 岩崎書店 (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265067725

現代ミステリー短編集 (2) 西瓜流しの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 児童書棚にあったので読みやすいだろうと借りてみたのですが、思っていたより怖かったです。特に「干魚と漏電」の結末は全く予想していなかったもので、最後の最後で「それってもしかして・・・もしかして・・・ひえー!」てなりました。しばらく背筋が寒かったです。巻末には児童向けに作者の紹介や、「短編小説を楽しもう」という項目があったりして、おもしろく読みました。阿刀田さんは国立国会図書館の司書をされてたんですね。作家になったいきさつなども書かれていました。子供が読書に親しむ良いきっかけになる本だと思います。

  • 2013年11月8日

    画家/古村耀子
    装丁/こやま たかこ

  • 以前の短編を集めた本なんですね。どれも既読だったけど、懐かしく読みました。

  • 『現代ミステリー短編集』の2になります。
    表紙すぐ裏に「ブラックユーモア傑作集」と書かれてますが
    まさにその通りでした。

    途中まで青春のいい話だったのに、最後にこれ?! とか
    ちょっとした日常と世間話の結末がこう、とか
    驚きというより、そっちですかと納得しそうな終わりばかりでした。

    普通のミステリーから1歩だけ横にずれたような話で
    面白かったですw

  • どれもおもしろかったです♪

全5件中 1 - 5件を表示

阿刀田高の作品

現代ミステリー短編集 (2) 西瓜流しはこんな本です

ツイートする