S力人情商店街 (1) (YA!フロンティア1)

  • 37人登録
  • 3.24評価
    • (1)
    • (3)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 令丈ヒロ子
制作 : 岡本 正樹 
  • 岩崎書店 (2007年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265072019

S力人情商店街 (1) (YA!フロンティア1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 楽しい

  • まあ、おもしろかった。
    表紙の茶碗に乗って飛んでるじいちゃんがかわいかったので手に取る。
    どーやらこのじいちゃんは、
    塩力さま、かみさま、らしい。
    さびれきった塩力商店街を救うため、
    自分の好みの女の子に超能力を授ける!?
    ・・・・・自分で自分の好みに関してはしゃぎながら話してる、
    その話し方がイマイチ違和感あり。
    予知と念動力と瞬間移動・・・うーん、これでさびれた商店街を
    どうやって救うとゆうのか・・・。
    まあ、とりあえず、今回はかーなーりーどうしようもないおバカな布団屋の
    息子を成敗っ。
    いやーありえない理由だったが、
    啖呵をきってる茶子はかっこよかった。
    無意味に肩車させてるばあちゃんもおもしろい。
    かみさまより、こっちの方がいいキャラかも?
    あ、そーいや、お茶屋だから、茶子なのか?今気がついたぞ。
    幼なじみの男の子3人と勝ち気な女の子1人。
    あんまり仲のいい同性の友達がいないとかいてあったけど
    茶子ちゃん、大丈夫なのかしら?
    今回は夏休みの話だったけど、学校始まったら、他のクラスメイトとかも
    でてくるのか?
    とりあえず2巻も読む予定。

    挿絵がかわいくて好き。
    茶子ちゃんはかわいいんだけど、男の子3人がちょっとイメージ違ったかな、特に研と吉野、ととのった顔立ちと濃厚な顔立ち、とそれぞれあるんだが??
    まあ、慣れたらそれはそれでいいんだが・・・。

  • パッケージの絵が可愛かったので読んでみた。
    児童向けだけあって、非常に読みやすく、二時間半ほどで読み終えた。
    さびれゆく商店街に生まれ育った中学生四人組(女1、男3)が、超能力を得て商店街のために奔走するというストーリー。
    これは面白い!といっておすすめするものではないけど、まぁ、良い本じゃないでしょうか。

  • 塩力町(通称S力町)の中学生四人組。さびれた商店街をすくう為に立ち上がった。なんと塩力の神社の神様にえらばれた茶子と三人の男の子たちは、超能力がついた!?商店街を助ける時のみに使える力。さて、茶子たちの活躍は?

全4件中 1 - 4件を表示

令丈ヒロ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
三浦 しをん
有川 浩
三浦 しをん
有川 浩
夏川 草介
有効な右矢印 無効な右矢印

S力人情商店街 (1) (YA!フロンティア1)はこんな本です

S力人情商店街 (1) (YA!フロンティア1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

S力人情商店街 (1) (YA!フロンティア1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

S力人情商店街 (1) (YA!フロンティア1)を本棚に「積読」で登録しているひと

S力人情商店街 (1) (YA!フロンティア1)のKindle版

ツイートする