アンティークFUGA (1) 我が名はシャナイア (YA!フロンティア)

  • 205人登録
  • 3.62評価
    • (12)
    • (35)
    • (38)
    • (4)
    • (0)
  • 39レビュー
制作 : 十々夜 
  • 岩崎書店 (2007年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265072064

アンティークFUGA (1) 我が名はシャナイア (YA!フロンティア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 他のあんびるやすこさんの作品とは少し違う設定で話が進んでいきます。
    ある日目を覚ました風雅は両親が謎の失踪を起こしたことを知ります。そこから始まる付喪神たちとの出会いとは…?
    あんびるやすこさんの作品が好きな方にはぜひお勧めです。

  • 期限のない願いは許されないけれど、代々コルノが受け継がれていることは、期限のない願いの結果だったりしないのだろうか。
    それにしても人間臭い精霊さんだ。

  • 設定もわりとしっかり作られていて、シリーズ一巻目としての手応え十分!
    中学生あたりがターゲットなのかな?
    それにしては駆け落ちとかエピソードが、、、あ、JC対象ならいいのか。
    楽しくささっと読ませていただきました。
    機会があったら続編も読みます。

  • ルルとララや魔法の庭シリーズが人気のあんびるやすこさんの、ちょっと不思議な物語。
    突然両親がいなくなってしまった男の子風雅が主人公。風雅がおとうさんからもらったお守りから出てきたのはカップラーメン好きの精霊だった?!

  • あんびるさんの本だったので、読んでみました。だいぶ不思議系だけれど、アンティークの知識をまったく持たない子どもにはいい教育になるかも。

  • 図書館より。
    児童書はさっぱり読めていいね~。
    続編も期待。

  • 下町~と同じ岩崎書店のYA!フロンティアというタイプの本。文庫より大きくてハードカバーよりちんまい。
    がっつり児童書ですが。でもサラリと読めて面白かった!
    つづきものっぽいので、次も借りてみます~。紗那兄さん好きだ~vvv

  • 学校にあって読んでみたら自分が好きなジャンルだった。
    紗那(シャナイア)がかっこいい!読んでいるともっと!もっと!と先が気になってやめられなくなった。
    風雅の両親早くみつかるといいなぁ~

  • 可愛くてすごく癒された…。紗那の設定に最初は戸惑ったけれど、カップ麺好きな意外な設定に陥落。思った以上にアンティーク店としての部分が書かれていたのも良かった。次も楽しみ。

  • 風雅たちが、つくも神(精霊)の願いを聞いて、色々なことを解決していくところがおもしろいです。

全39件中 1 - 10件を表示

あんびるやすこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

アンティークFUGA (1) 我が名はシャナイア (YA!フロンティア)に関連する談話室の質問

アンティークFUGA (1) 我が名はシャナイア (YA!フロンティア)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アンティークFUGA (1) 我が名はシャナイア (YA!フロンティア)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アンティークFUGA (1) 我が名はシャナイア (YA!フロンティア)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする