はれときどきあまのじゃく (はれぶた 9)

  • 78人登録
  • 4.33評価
    • (10)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 矢玉四郎
制作 : 矢玉 四郎 
  • 岩崎書店 (2010年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265820306

はれときどきあまのじゃく (はれぶた 9)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人もものもぜんぶ、あまのじゃくになっていておもしろかった。

  • ちょっと世にも奇妙はいっています(笑)
    子供の気質を捉えた内容を毎回読ませてくれる

  • はれぶたシリーズ9作目。

    シリーズ1作目の『はれときどきぶた』が1980年の作品。
    それからちょうど30年目の2010年に刊行されたのが、こちら『はれときどきあまのじゃく』です。
    ノートパソコン、携帯電話(辛うじてガラケー)、薄型テレビ、スカイツリーの登場に、時代の流れを感じずにはいられません。変わらないのは妹のたまちゃんの屈託のなさだけだ。

    御存じ主人公の十円やすが、人から「お前はあまのじゃくだ」と3回も言われてしまった日のこと。『あまのじゃく』をPCで調べていたら、画面からアマノジャクが飛び出してきた!
    しかもアマノジャクが言うことには、十円やすは、神羅万象をあまのじゃくにする使命と力を持って生まれたあまのじゃく王子様である、と。その気になった十円やすは、町のいろいろなものをあまのじゃくに変えて行く。

    あまのじゃくあまのじゃく言い過ぎてゲシュタルト崩壊しました。
    あまのじゃくって何だ???

    それはそうと何で急に毘沙門天?と思ったら、矢玉先生、いつの間にか仏道に帰依されていたのですね(関係ないかもしれないけど)。びっくり。

  • ≪県立図書館≫

    おお、スカイツリーもあまのじゃくに・・・
    最後はあっさり終わったけれど、
    子供達は楽しそうに聞いていました。

  • 77ページに「いいあまのじゃくになるには」と書かれています。それを読んで、なるほどと思いました。おもしろいので読んでみてください。

  • クレヨンしんちゃんみたい(^_^)笑えた

  • あまのじゃくが降らなかった。

  • みにぴ 2011.07.02

  • いろんなもの逆さまになったりぐにゃぐにゃになったりしたのと最後は結局戻ったのがおもしろかった。

  • ありえないっつーの。

全10件中 1 - 10件を表示

矢玉四郎の作品

はれときどきあまのじゃく (はれぶた 9)はこんな本です

はれときどきあまのじゃく (はれぶた 9)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はれときどきあまのじゃく (はれぶた 9)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はれときどきあまのじゃく (はれぶた 9)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はれときどきあまのじゃく (はれぶた 9)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする