ほねほねザウルス (11) だいぼうけん! ボコボコン・ホール

  • 40人登録
  • 4.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : ぐるーぷ アンモナイツ  カバヤ食品株式会社 
  • 岩崎書店 (2013年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265820412

ほねほねザウルス (11) だいぼうけん! ボコボコン・ホールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [墨田区図書館]

    ほねほねザウルス第11巻。
    今回も、借りてきた二冊を一気読み。しかも遊びに来た友達にもすすめて読ませる。

  • 一度、入ったら出られないのか、でれるのか、そして・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

全2件中 1 - 2件を表示

ぐるーぷアンモナイツの作品

ほねほねザウルス (11) だいぼうけん! ボコボコン・ホールはこんな本です

ほねほねザウルス (11) だいぼうけん! ボコボコン・ホールを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ほねほねザウルス (11) だいぼうけん! ボコボコン・ホールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ほねほねザウルス (11) だいぼうけん! ボコボコン・ホールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ほねほねザウルス (11) だいぼうけん! ボコボコン・ホールの作品紹介

ベビー、トップス、ゴンちゃんの三人がやってきたのは、大アナン高地。ここには山頂から巨大な穴のあいた山があり、ボコボコン・マウンテンのボコボコン・ホールと呼ばれています。その穴にはいった者は二度と外に出られないといわれています。しかし、三人はある作戦を立てて、果敢にもボコボコン・ホールを探検!そこは外の世界より重力の強い世界でした。そして、なぜか生き物はみな巨大で、巨大グリプトドン、巨大メガテリウム、巨大ほねほねオオアリクイ、巨大ほねほねカピバラなどがすんでいました。

ツイートする