読書学

  • 18人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 夏目房之介
  • 潮出版社 (1993年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267013331

読書学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読書録「読書学」3

    著者 夏目房之介
    出版 潮出版社

     P154より引用
    “昔から短いジョーク、警句、気のきいた言葉を、映画の登場人
    物のようにサラリと言えたらカッコイイだろうなーと思っていた。


     マンガ、イラスト、マンガ評論、エッセイなど多方面で活躍す
    る著者による、自身の読書法に関するマンガエッセイ。著者は
    夏目漱石の孫。
     著者の漱石全集の使い方から取材に関する話まで、時代を感じ
    させるエピソードが書かれています。

     上記の引用は、皮肉の効いたジョークなどについて書かれた項
    での一文。ジョークというのは頭が良くないとなかなかうまく言
    えないので、私は一度も上手く言えた試しがありません。やはり
    普段の積み重ねや仕込みが、ここぞという時にものをいうのかも
    しれないなと思います。
     半分近くがマンガなので、気軽に読める一冊です。

    ーーーーー

  • 2009/2/13購入

  • 一般的な、ごくありふれた一人の人の読書体験についてつづっているだけです。

全4件中 1 - 4件を表示

夏目房之介の作品

読書学はこんな本です

読書学の作品紹介

遅読の王、知ったかぶりの読書家たる夏目房之介があえて世に問うオチコボレの読書学。安眠のための読書術、本棚で分かる持ち主の性格、トイレにおける最適の読書スタイルとは…?

ツイートする