三国志 (22) (潮漫画文庫)

  • 152人登録
  • 3.60評価
    • (8)
    • (11)
    • (26)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 横山光輝
  • 潮出版社 (1999年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267014628

三国志 (22) (潮漫画文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ああ張飛・・・劉備・・・。

  • 読了。

    劉備ー!!桃園の誓いで誓った通り死ぬ時は一緒とはならなかったけど、次々と。

    最初はずっと、なんで皆劉備についていくのかしらと思っていたけど、徐々に魅力がわかった気がする。最期はなんか感極まってしまった。

    関羽もそうだけど張飛の最期はもっと相応しくない。悲しい。

    これからは孔明の活躍だけしか楽しみがないよぅ。魅力的なキャラクター出てくるかな。劉備と関羽、張飛の息子達はどうなるだろう。

    孔明の八陣の図すごかった。妖術のようだ。

    白帝城行ってみたい。三国志に関係する跡地で初めて見たいと思った。

    付録の荒俣宏のやつ面白かった。

    (170421)

  • 関羽に続き張飛、黄忠・・・
    そして最後には劉備までも・・・

    時代の流れとは、いままで物語を支えてきた者たちの死は悲しすぎる。

  • 張飛、玄徳といった初期の主役たちが消えてゆく。

  • 本巻ではとうとう張飛のみならず劉備も逝去してしまう。これ以降、蜀は孔明を中心として動いていくのだろう。

    本巻のあらすじは以下のとおり。

    ・曹丕、帝に退位を迫り皇帝となる。成都の漁師、川で玉璽を発見し劉備に献上、劉備もまた皇帝を名乗る。
    ・張飛、関羽の死を悼み酒に溺れ、部下の范キョウ、張達に暗殺される。
    ・呉進攻中の劉備のもとに張飛の嫡子:張苞、関羽の次男:関興が駆け付け、呉軍との戦いに加わり大活躍。呉軍は孫桓(孫権の甥)、朱然。
    ・蜀軍の黄忠、若い者には負けんと、呉に一泡吹かせようと潘璋に戦いを挑むも負傷して逝去。蜀と呉の戦いの中、甘寧逝去。
    ・関興、父の敵討ちのため潘璋を追い、民家にて討ち取る。以前蜀を裏切ったフ士仁と糜芳、兵士の裏切りを恐れて蜀に復帰を試みるが、劉備に本心を見透かされて関興に打ち首にされる。
    ・蜀の勢いに怖じ気付いた孫権、張飛の首を返すとともに裏切った范キョウ、張達を送り返し、張苞は二人を打ち首にする。劉備、孫権の和睦案は拒否。
    ・孫権、カン沢の薦めにより陸遜を大都督に任命、剣も授ける。古参の武将はそれに反発するも次第に信頼を得る。
    ・魏の曹丕、曹仁・曹休・曹真を呉に向けて出陣させる。
    ・陸遜、蜀の伸びきった陣を火攻めし、劉備をあと一歩まで追い詰めるも、孔明の策により趙雲が助け、劉備は白帝城に逃げ込む。
    ・陸遜、魚腹浦に妖気を感じ自身で偵察し、孔明の作らせた石積みを発見。迷路に焦るも、孔明の舅の友と名乗る老人から助けられる。陸遜、魏に備えるため蜀との戦いをやめて呉に引き上げる。
    ・曹丕、先に立った軍に援軍を送り、自らは呉の首都建業に近いジュ須に向かう。魏呉攻防戦が始まる。ジュ須城の朱桓、旗を隠し無人城に見せかけ魏軍に襲いかかる。他の魏軍も大敗、魏へ引き返す。
    ・白帝城の劉備、体調を崩し孔明に後を託し逝去。

  • 劉備玄徳、死す。主要人物の相次ぐ死で歴史も大きく動く。

  • 全巻に続き、この巻でもまた、主要2名が続けて死を迎えます。

    ・張飛が、出兵準備中に部下に裏切られ、首を刎ねられて暗殺されます。
    合戦上ではなく、自陣内で殺されるとは、あまりに悲しい最期。
    今回も、深酒が原因で部下につらく当たり、恨みを買ったのが原因です。
    酒が彼の命取りになってしまったのです。

    その暗殺者は呉に下り、一人残された劉備は、魏と呉への報復合戦に命を燃やします。
    蜀軍は呉を攻め、関羽と張飛の息子が、父の仇討を果たすことに。
    二人とも父に負けないほどの強さを発揮し、劉備を感激させます。

    ・ただ、関羽・張飛の子供たちとともに、出陣して仇を討ちとる途中に、劉備が死を迎えます。
    おそらくは、義兄弟2人を失った心労がたたってのことでしょう。
    諸葛亮に後の国を託し、息を引き取ります。

    ずっと劉備寄りで読んできたため、彼の死を迎えて、そこから先も話が続くのか、あまりピンとこないほどでした。

  • 張飛の死から、夷陵の戦い、そして劉備の死まで。

全9件中 1 - 9件を表示

横山光輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

三国志 (22) (潮漫画文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

三国志 (22) (潮漫画文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三国志 (22) (潮漫画文庫)の単行本

ツイートする