項羽と劉邦 (4) (潮漫画文庫)

  • 51人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (5)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 横山光輝
  • 潮出版社 (2001年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267015908

項羽と劉邦 (4) (潮漫画文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 有名な「鴻門の会」を描く第4巻。息子が漢文の授業の予習で「鴻門の会」を書き下したものの、いまいちイメージをつかめていないようなので、「鴻門の会」そのものの流れと前後の経緯を理解させるために購入。元ネタは江戸時代の読本「通俗楚漢軍談」らしいので『史記』「項羽本紀」の記述とは多少異なるが、淡々とした描写がむしろ司馬遷の簡潔な文章と通じるものがあるかも知れない。このような形で中国史、中国古典に親しむことができるのも横山光輝先生のおかげだ。それだけに、先生の非業の死が惜しまれてならない。

  • 左遷って言葉はここから来てたんだ…馬鹿の語源といい勉強になる。
    秦が滅亡し、項羽と劉邦の対立関係が浮き彫りに…
    劉邦漢中入り。

  • 鴻門の会は項羽のおじが項荘と剣舞をしてから、劉邦側の武将が剣舞したと書いててびっくり。項羽のおじの項伯は張良の親友だったことから助けたけど、劉邦のラッキーさにはびっくりです

全3件中 1 - 3件を表示

横山光輝の作品

項羽と劉邦 (4) (潮漫画文庫)はこんな本です

項羽と劉邦 (4) (潮漫画文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

項羽と劉邦 (4) (潮漫画文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする