無面目・太公望伝 (潮漫画文庫)

  • 171人登録
  • 3.80評価
    • (21)
    • (21)
    • (37)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 諸星大二郎
  • 潮出版社 (2001年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267016127

無面目・太公望伝 (潮漫画文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『無面目・太公望伝』 諸星大二郎

     諸星大二郎といえば、東洋的無常観にもとづく思索性の深い作品でよく知られていますが、そのような深遠なテーマをエンターテイメントとしてこれほどの迫力で表現できる漫画家を僕は他に知りません。
     中でも特にお気に入りなのが『無面目・太公望伝』です。二作品のカップリングとして潮漫画文庫で出ています。

    『無面目』は『荘子』に出てくる、天地開闢のころから存在する「混沌」という神様の寓話が題材になっています。舞台は前漢の武帝時代、天地開闢の前から天窮山で思索を続けているという「混沌」に宇宙の秘密を聞こうと二人の仙人がやってきます。「混沌」は人間の姿はしていますが、目鼻、口も耳もなく完全にのっぺらぼうです。これでは話ができないというので二人の仙人は「混沌」の顔に目鼻、口を描きます。すると人間のように話ができるようになったのですが、話しているうちに外の世界に興味を持つようになり「混沌」は人間界に降りていきます。
    「混沌」は疲れることも眠ることも、食事をとることも「知り」ませんでした。ゆえにそのようなことを必要としない「混沌」は神としての力を色濃く残しており、多くの人たち、特に権力者たちの目にとまりました。やがて「混沌」は権力者たちの様々な思惑によって「欒大」を名乗り、皇帝お気に入りの方士として出世していきます。(以下多少のネタバレ含みます)
     この作品で「混沌」という神は、万物の始源である「大極」が本質的に内在していた「智」の一部が凝り固まり、形を成した存在として描かれています。いわば「経験」による意味が与えられてない「純粋智」を体現した存在です。何物にも染まっていない無垢な存在であるゆえに、権力争いに明け暮れる貴族や官吏たちの邪心に強く影響を受けた「混沌(欒大)」はしだいに悪辣で暴力的な性格をあらわにしていき、おのれが神であったことも忘れていきます。
     長安の都は混乱に陥り、ついに「混沌(欒大)」も失脚します。妻と二人で落ち延びた「混沌」でしたが、老いていく妻の一方で、まったく年をとらない自分の正体に強い疑問を抱くようになります。やがて妻に先立たれ、この時点でもはや神としての記憶も、力も知も失っていた「混沌」は絶望のうちに死んでいきます……。
     以下、登場する仙人のセリフです

     混沌は顔を得てから人間のように外部の刺激に反応し
     その感覚器官を通じて行動するようになった…
     そして限りなく人間に近くなっていった
     食事をとり、眠りを知り…暴力を…快楽を…幸福を…愛を覚え…
     そして死を得てすっかり人間になったのじゃ
     内部の深い瞑想こそが混沌の本質じゃった…
     わしらはその混沌に目鼻をつけることによって、その本質を殺してしまったのじゃ

     自分の意思や欲求は、自分で考え判断し、選択した結果だと考えがちですが、じつはそれは幻想にすぎません。なぜなら人の意思や欲求は、他者や外部の情報を媒介として、それらを無意識のうちに模倣したり自分と同一化させたりすることにより成立するものだからです。その対象は「世間」や「社会」だったりするのですが、人はそのような他者や社会的なイメージを否応なく自分の内面に取り込んでいきます。「個性」や「個別性」というのはそのような共通の土台の中での微妙な偏差に過ぎないんですね。真に内発的な意思や、社会的な価値からあらかじめ自由な主体的な「個人」というのはふつう存在しえません。
     作品の中でも「混沌」は、考え感じる主体がいつの間にか自分のものでなくなっていることに気づき、絶望のあまり自分の目をえぐり耳をつぶし、顔をかきむしって息絶えます。かつて深い瞑想の神として満たされていた存在の、堕天の悲劇です。このようなテーマに神話的、宗教的モチーフを活用しているので、認識論や宇宙論にまで敷衍して解釈できるとても興味深い作品です。

     読んでいて『攻殻機動隊』の「素子」のセリフを思い出しました。

     「私の電脳がアクセスできる膨大な情報やネットの広がり……、それらすべてが私の一部であり、私という意識そのものを生み出し、そして同時に私をある限界に制約し続ける……」

  • 太公望伝の最後が印象的。
    中盤の中だるみ感は否めないが、面白かった。

  • 神が人間になった話。人間とは何か。
    人間が自分の中の神に会う話。

  • 無面目とは、荘子に納められた寓話を元に書かれた話で、混沌のこと。

    ---
    荘子の混沌は、穴を開けていったら気が漏れて死んでしまった、というもので、人間の穴(特に、性器、目、口からは大量に)からは気が漏れるので、漏らさないようにするのが、養生や仙人への道、という寓話で、仙道修行者にも、意味のある話ですね。

  • ドラマティック混沌七竅に死す/ドラマティック若き太公望
    思想自体にはあまり共感できないのだけれど、どちらもゲキテキ。

  • 孔子暗黒伝に引き続き、友人に借りて。

    まず、100文字にも満たない寓話をここまで広げられるのも凄い。後半は読んでいて背筋が震えた。作者の意図というより原典が荘子だからなんだろうけど、混沌が俗に交わることが彼の破滅にしか通じない。読んでいる途中、混沌が人間になっていく過程や麗華との日々が決して良くないものだとは思えなかっただけに、最後の結末に呆然とした。
    太公望伝の方は、「呂尚(というよりシァン)」が「太公望」になるまでの物語で、無面目とは異なり史実を重視した感じ。最後に釣れたのが魚でも龍でも文王でもなく自分自身だという解釈なのが憎い。今まで読んだ太公望モノで一番面白かったです。梵我一如かな。

  • 日本では独自の漫画文化が発展しましたが、その漫画界の中で
    もひときわ異彩を放つのが諸星大二郎。古代の神話や宗教や哲学を
    題材に、歴史的事実も織り交ぜながら、めくるめくような物語の世
    界をつくりあげる奇才ぶりは、かの手塚治虫をして「天才」と言わ
    しめたほど。人間存在の根源をつきつめていくそのディープな物語
    世界は、ひとたびはまると抜け出せない麻薬のような魔力を持って
    います。

    そんな諸星作品の中でも、一部で最高傑作と絶賛されているのが、
    本書『無面目・太公望伝』です。

    最初の作品「無面目」は、『荘子』に出てくる「混沌」という名の
    神様の寓話を題材にしたものです。混沌は、天地開闢と共にある古
    い神様で、目鼻口耳のない、のっぺらぼうでした。ある日、他の神
    様が混沌のために目鼻口耳の七つの穴をあけてあげたところ、七つ
    の穴をあけ終わったところで、混沌は死んでしまいます。『荘子』
    ではたった75文字で描かれるこの寓話を、人間界に降り立った堕天
    使の遍歴物語として描き換えたのが「無面目」です。

    もう一つの作品「太公望伝」は、実在した人物「太公望」呂尚の人
    生を題材にしたものです。呂尚は、周の文王に見出され、殷から周
    への王朝交代を政治・軍事顧問として支えた傑物で、釣り人の代名
    詞になった「太公望」や、「覆水盆に返らず」の故事成語でも有名
    な人物です。「太公望伝」では、呂尚の一生が、殷の奴隷生活から
    逃亡するところから始まります。逃亡生活の中で、神秘体験をした
    呂尚は、再びの神秘体験を夢見て、流浪の人生を送ります。放浪と
    貧困の末にようやく自己の人生の意味を悟りますが、時、既に70歳。
    しかし、そこから太公望の俗界での成功が始まるのです。

    「無面目」は、人間の感覚と感情を得ることによって自分を見失っ
    てしまった神の話。一方の「太公望伝」は、神を求める流浪の末に、
    ついに自己の内にある神と出会う人間の話。天から地、地から天と
    二作品は対照的なベクトルを描きますが、「自己の捕われ」「真の
    自己であることの自由」という、共通したテーマを扱った作品と言
    えます。

    目をつぶし、耳をかきむしりながら、五感が、自分を本来の自分か
    ら切り離している、と絶叫する混沌の姿に、私達は、自分自身が本
    当の意味で世の中の物事を見て、聴くことができているのか、恐れ
    と共に自問させられます。

    また、周の文王と呂尚との出会いの場面、「釣れますかな、ご老人」
    と問いかける文王に対し、「釣れましたとも、わし自身が」と答え
    る呂尚の言葉には、自分自身の内奥に深く釣り糸を垂らしていき、
    自分自身と出会うことの大切さを教えられるのです。

    優れた漫画作品は、下手な哲学書よりもずっと人生のことを考えさ
    せてくれます。諸星大二郎の作品は、その深遠さにおいて、他の追
    随を許しません。是非、読んでみてください。

    =====================================================

    ▽ 心に残った文章達(本書からの引用文)

    =====================================================

    外界の刺激が邪魔をする・・・!
    目が・・・耳が・・・言葉も・・・匂い・・・手の感触・・・
    顔に受ける陽射しも・・・!
    こ・・・これらがすべて私を閉じこめている!
    私を・・・本来の私から切り離して捕らえている・・・!

    混沌は顔を得てから人間のように外部の刺激に反応し
    その感覚器官を通じて行動するようになった・・・
    そして限りなく人間に近くなっていった
    食事をとり、眠りを知り・・・暴力を・・・快楽を・・・
    幸福を・・・愛をおぼえ・・・
    そして死を得てすっかり人間になったのじゃ
    内部の深い瞑想こそが混沌の本質じゃった・・・
    わしらはその混沌に目鼻をつけることによって、その本質を殺して
    しまったのじゃ (以上、「無面目」より)

    考えてみれば、わしはずっと不自然なことをしてきたような気がす
    る・・・
    名も正体も知らぬ神を探し求めて旅をしたり、易によって天地の秘
    密を知ろうとしたり・・・
    (中略)
    四十年のわあしの放浪は何のためだったのじゃろう・・・?
    すべて無駄だったのか・・・
    ではわしの一生は何なのじゃ・・・?わしは何のために生きて・・
    わしの人生の意味は何なのじゃ・・・?

    これか!?わしが四十年間求めてきたもの・・・
    神に会えばかなうと信じてきたもの・・・それは自由か!?
    奴隷からの自由・・・殷からの自由・・・
    特に殷のあの恐ろしい神々からの自由・・・
    生活からの自由・・・生きることからの自由・・・苦痛や悩みから
    の自由・・・死の恐怖からの自由・・・
    人間をあらゆる束縛から解放する自由・・・
    その力があの神にはあるのか?
    しかし、わしはそのこと自体に縛られてきた
    あの神に会うことに・・・
    あの神からの自由・・・?

    そうだ・・・あの時、神が言っていたな。邪心をすてて大自然の中
    に身をゆだねろと・・・
    そうだ わしはそれを忘れていた・・・
    あの神に会いたいと思いつつ いつの間にか邪心ができてしまった
    神の正体を知りたいという気持ちが易に手をそめ
    自然の秘密を知ろうという野心をおこし
    ついにはそれによって出世しようとまでした・・・
    (中略)
    わしはいつのまにか はじめの純粋な気持ちを忘れてしまっていた
    (以上、「太公望伝」より)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ●[2]編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    家計を助けようと働きに出るお母さん達が増えたそうで、今年は保
    育園に入るのが大変です。杉並区でも例年になく厳しい状態で、ど
    こにも入れないという事実が判明してから、娘の居場所を探しての
    狂想曲を繰り広げてしまいました。娘にもそんな親の焦りや不安が
    伝わってしまったのでしょう。一時期、とても不安定にさせてしま
    いました。やはりどんなことがあっても、親は泰然自若としていな
    いといけませんね。「うぶ気」の塊のような子どもの柔らかな心は、
    親の心の乱れをまともに受けてしまいますから。

    しかし、区が急遽、各所の定員を増やして対応しているようで、驚
    いたことに、あきらめていた自宅そばの認可施設から入園許可の通
    知が来たのです!

    それで早速、土曜日に、入園面接なるものに行ってきました。対応
    したのは園長、副園長、主任の3人です。

    が、この3人の対応を見て、唖然としてしまいました。あまりにも
    社会的な感覚からズレています。「選ばれたことが幸運なのですか
    ら、文句は言わないでください」とか「子どもの面倒を見るのはお
    母さんですから、父親が手伝ってくれないと不満を言うのはやめま
    しょう」みたいなことを平気で言うのです。キリスト教系だからと
    安心していたのに、この傲慢な態度は何なのでしょう?

    施設面は申し分ないです。見て回った中では一、二を争う充実度で
    す。が、正直、こんな園長がやっている保育園には娘を任せられな
    いな、と思いました。しかし、そこは区役所を通じて、勝手に選ば
    れる立場の弱さで、こちらに選ぶ権利はないのです。嫌だったら、
    認証の保育所に行きなさいと言われます。認証や無認可にもしっか
    りしたところはありますが、マンションや雑居ビルの一室になって
    しまいますから、わんぱく盛りの娘には窮屈です。

    これが現実なんだな、と思い知らされた気分です。母親の闘病の時
    には、「すい臓がんの権威」と言われる大学病院の医師達の傲慢さ
    に唖然とさせられました。どうも、医療や教育の現場では、「先生」
    と言われる人達の前に、人間の尊厳が踏みにじられているような気
    がしてなりません。

    件の保育園にはとりあえず通わせます。しかし、娘や妻の尊厳が踏
    みにじられるようなことがあれば、断固、戦い抜くつもりです。

  • 私も自然と一体化して煩悩から自由になりたい。山にこもるべきか。

  • 奥が深い。
    でも俗物ってそんなに汚いものじゃないと思う。

  • 古代中国史。かの国が改めて壮大な国だということを知る。

全12件中 1 - 10件を表示

諸星大二郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
諸星 大二郎
有効な右矢印 無効な右矢印

無面目・太公望伝 (潮漫画文庫)に関連する談話室の質問

無面目・太公望伝 (潮漫画文庫)はこんなマンガです

無面目・太公望伝 (潮漫画文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

無面目・太公望伝 (潮漫画文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

無面目・太公望伝 (潮漫画文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする