深沢七郎外伝―淋しいって痛快なんだ

  • 25人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 新海均
  • 潮出版社 (2011年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267018893

深沢七郎外伝―淋しいって痛快なんだの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • GUEST 060/女優・吉行和子:スミスの本棚:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京 http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/blog/smith/2012/07/post131936.html

  • 昭和は遠くなりにけり。

全2件中 1 - 2件を表示

新海均の作品

深沢七郎外伝―淋しいって痛快なんだはこんな本です

深沢七郎外伝―淋しいって痛快なんだの作品紹介

『楢山節考』で文壇に大きな衝撃を与え、その後も独特な作品世界を築いた深沢七郎。いまだその人気は根強い。ギターの名手、『風流夢譚』事件、放浪、ラブミー農場、今川焼「夢屋」店主、滅亡教教祖…。今再び光が当たる深沢文学は、災禍を乗り越え生きゆく人たちの胸に火を灯す言霊に溢れている。

ツイートする