軍師 黒田官兵衛

  • 22人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 髙橋直樹
  • 潮出版社 (2013年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267019609

軍師 黒田官兵衛の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本能寺の変の後から始まっている

  • 大河ドラマとはまったく違う官兵衛

  • この官兵衛様は大河には出来ないな!ww

  • 20140223読。

  • 二章目以降から
    面白くなってきます。

    なんだろう?
    ちょっと満たされなかったです・・・

  •  秀吉の毛利攻めの最中にもたらされる信長の死の報。そこから話が始まる。
     しかし二章以降はその十二年前にさかのぼり、そこから官兵衛の素性や播州という土地柄の特殊性のなかで形成された官兵衛の人柄が明快に描かれていく。播州~織田家臣時代~豊臣家臣時代~関が原の戦い~晩年を三百頁余で小気味よく読ませてくれる。

     信長が認め、秀吉が頼り、三成と家康が恐れた男。その真の素顔に迫る。長編ドラマで描けない、苦渋の戦乱の世を生きた“人間味”あふれる半生。 ――― 人生でたった一度の甘美な夜が稀代の軍師の人生を狂わせた。
    第一章 はたらき者の右腕
    第二章 目薬屋のせがれ
    第三章 鳴動する大地
    第四章 天下の潮流
    第五章 蚊帳の中
    第六章 風雲の軍配

全6件中 1 - 6件を表示

髙橋直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
池井戸 潤
貴志 祐介
西 加奈子
吉田 修一
桜木 紫乃
村上 春樹
吉田 修一
百田 尚樹
池井戸 潤
宮下 奈都
池井戸 潤
村上 春樹
三谷 幸喜
池井戸 潤
又吉 直樹
高野 和明
中村 文則
西 加奈子
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

軍師 黒田官兵衛はこんな本です

軍師 黒田官兵衛の作品紹介

人生でたった一度の甘美な夜が稀代の軍師の人生を狂わせた-信長が認め、秀吉が頼り、三成と家康が恐れた男。その真の素顔に迫る。長編ドラマで描けない、苦渋の戦乱の世を生きた"人間味"あふれる半生。

ツイートする