スマホ断食 ネット時代に異議があります

  • 105人登録
  • 3.29評価
    • (4)
    • (10)
    • (13)
    • (8)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 藤原智美
  • 潮出版社 (2016年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267020575

スマホ断食 ネット時代に異議がありますの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルから言わんとすることは分かる。
    内容の前に、文章の終わり方がバラバラで違和感があり内容があまり入ってこなかった。ちょっと残念。

  • 「スマホ断食 ネット時代に意義があります」 藤原智美
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    何かあるとすぐにネットで検索。止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。LINEの既読が気になって仕方がない…ネット漬けの日常から逃走し、「自分」を取り戻す。芥川賞作家によるネット社会批判。
    「BOOK」データベースより
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    スマホ。
    放っておくとついつい手にとっていじってしまう、小さいクセにめちゃくちゃ吸引力のあるアイツ。

    ちょっと前に「サード・メトリック」とか「サーチインサイドユアセルフ」とかマインドフルネスに関する本を読んで、感化されて、「デジタルとは距離をとろう」とか思っても、結局距離を取りきれない弱いワタシ。
    そんなヘタレな私のマインドを定期的に戒めるためには、定期的に己に刺激を与えないといかん!
    ということで読んでみました「スマホ断食」。

    うむーーー(;´д`)
    なんかなーーー。
    基本的な考え方は同じなはずだし、目指すところも同じはずなのに違和感。
    すんなり納得しきれない感が読んでて常にあった。
    あくまでワタシの感覚でしかないんだけど、ひとつひとつの言い分に説得力がないように感じられてしまって。。
    言い分が多面的じゃないといいますか、自分の正しさを主張したいがために、相手(この場合スマホとかデジタル世界の表現とか)のネガティブな面をメインにもってきてロジックを組み立ててる感じがちょっと好きになれなかったなぁ。
    そのネガティブ面も、著者の所感が中心で、具体的なデータをもとにしてるわけでもないので、読んでてあんまり気持ちいいものでもなく。。。
    スマホに対しての危機感とか、デジタル万歳な風潮への違和感とか、持ってる思いはそこそこ同じなはずなのに、すんなり受けとることができない。

    これを読んでてすごく感じたのは内容よりも「伝え方ってやっぱりめちゃくちゃ大事なんだなぁ」ということ。
    「サードメトリック」とか「サーチインサイドユアセルフ」などの本と同じようなことをいってるのに、気持ちの面での巻き込まれ力みたいなのが全然違った。
    「スマホ断食」はスマホ&デジタル依存への危機感は煽るけど、それだけなんだよねぇ。
    読み手が出来ることは「そうだなぁ」って思うか「うるせーな」って思うか、極端に言うとそれだけになりやすい。

    「サードメトリック」とか「サーチインサイドユアセルフ」の本では、スマホと距離をとることがゴールではなくて、豊かな生活に近づくためのひとつの要素で、もっと先のゴールに焦点があたってる。
    なので、危機感にプラスして、「私もやってみよう!」とか「今からどう変わればいいかな?」っていう前向きな思考に繋がりやすかった気がする。
    デジタルへの危機感を共感する目的でならこの本はその役割を果たしていると思うけど、その先にまで人の心を持っていくにはパワーが足りないかもな、という印象でした。
    伝え方ってホント難しいけど、リアルなコミュニケーションも書籍などテキストベースのコミュニケーションでも、ネガティブな表現は最小限にしとくのが正解だな、という点は学びとしてあった。
    否定や問題点だけで表現を終えるのではなく、その先の明るい未来もセットで言わないと子供にも大人にも伝わらない。
    否定をゴールにしないよう自分も注意しなきゃ。

  • ハロウィンやサッカーなどで渋谷に人が集まったりするのも、スマホでの浅いコミュニケーションが横行したから。旅先や出かけ先の決め方は、行きたいところではなく、写真映えするかどうかになっている。
    確かにそうかも

  • 主張にはうなずけるところがあるものの説教くさい文体で損しているように思いました。

    藤原氏は『絶歌』で元少年A氏が実名を明かさなかったことを批判していますが、私は匿名にしたことは間違った判断ではなかったと考えます。実名を明かしたところでその意味を正しく理解できるほど大衆に知性があるとは思えないからです。

  • 自動車社会になると、あまり歩かなくなるように、スマホを常時使っていると、
    考えなくなるのは、至極全うな意見です。
    便利なモノを手に入れると、やはり大事なモノが失われる。
    これは、人間の歴史を振り返っても、一定の真実だと思います。

    著者の藤原氏は、この大事なモノが何かという点で、論を進めています。
    スマホ断食という提案は、私個人的には、かなり良いと思います。
    スマホを使用する上で、メインが、チャット、動画、ゲーム、そしてポルノでは、
    人生、正直損しているように感じます。
    ただ、それらをしないと生死に関わるなら別ですが。

    スマホの良い所か悪い所かわかりませんが、
    上記のことをやっていると、
    時間が経つのが、信じられないくらい速い。
    この時間を、ある人は有益といい、ある人は無駄だと後悔します。
    私の場合、後者です。

    スマホの長時間使用による健康被害は、ブルライトや電磁波等で、
    結構報告されていますが、規制はされていません。
    「長時間使用は、やめよう!」ぐらいです。
    しかし、スマホの使用が、人間の思考や想像力を奪う、云々になると、
    これは、かなり厄介です。

    スマホが登場してから、そんなに年月は経っていません。
    経っていないのに、これだけ爆発的に普及しているのだから、
    これは、人間にとって、よほど魅力的なものなんでしょう。
    今までの電子デバイスで、これだけ、短期に普及したものは、ないでしょう。
    既に、スマホは、水みたくなっています。現代社会にとって必要不可欠なものになっています。

    これに、著者は、疑問を投げかけています。相当な度胸だと思います。
    スマホの負の面は、かなりあると思いますが、自分の場合、これからも使用は続けます。
    スマホ断食等は、非情に参考になり、
    これからは、スマホとどう付き合うのかを真剣に考えたい思います。

  • もう少し前に読むべき本だった
    最近手元にないスマホ
    かなり依存していたと思う
    なくても不便ではないが、ないと不安になるスマホ
    とても難しい問題だなと思う

  • 人がネットに監視され、スマホに使われている。
    私が常々感じていたSNSに対する違和感を見事に言い当てていた。
    現代は知性よりも情報を価値あるものとしているが、私は知性を磨きたい。ネット社会では私は単なる薄いデータになってしまうが、私は実体のある人間であると言える生き方をしなければいけないと感じた。

  • 007.3||F68

  • スマホ、SNSについて書かれてて楽しかった!見られたい人たちと称してSNS依存のことを書いてたところが印象に残りました。ハロウィンの仮装がブームになったのはSNSが原因だとか、1人でいてもスマホを使って会話をしている、だとか現代社会の現状と問題を書いていて納得させられました。わたしもお休みの日に数日ずつでいいからスマホ断食したいなって思いました。

  • まあ、スマホはもってないし、そんなに見つめる時間もないのだが、最近のみなさんの様子を知るために読んでみた。

全20件中 1 - 10件を表示

藤原智美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
又吉 直樹
本谷 有希子
村田 沙耶香
池井戸 潤
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

スマホ断食 ネット時代に異議がありますを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スマホ断食 ネット時代に異議がありますを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スマホ断食 ネット時代に異議がありますを本棚に「積読」で登録しているひと

スマホ断食 ネット時代に異議がありますのKindle版

ツイートする