ある夜のダリア 迷いの日々には、いつも花があった

  • 17人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 内館牧子
  • 潮出版社 (2016年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267020636

ある夜のダリア 迷いの日々には、いつも花があったの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内館牧子氏は、脚本家として有名で、忙し方だと思っていたが、お花の造詣もある方なのだと、この本で知った。
    春夏秋冬 色とりどり、麦の所で、昔に戻りたいと言っても詮無い事。
    毛利元就の如く59歳からスタートすることを思えば、人間何かを始めようと思った時がいちばん若いのであると、、、
    大人になって、もう無理かな?と思うことが沢山あるが、何か勇気づけられる言葉が、この本に載っている。
    又、パステル画のような島本美知子氏のイラストの花もいい。
    花好き、絵画好きの私には、手に取りたくなるような本の1冊であった。

全1件中 1 - 1件を表示

内館牧子の作品

ある夜のダリア 迷いの日々には、いつも花があったはこんな本です

ツイートする