ブッダ 14 新装版 (Kibo comics) (希望コミックス)

  • 34人登録
  • 4.44評価
    • (9)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 手塚治虫
  • 潮出版社 (2011年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267905544

ブッダ 14 新装版 (Kibo comics) (希望コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何度も読み返したい。
    手塚治虫さん作品は、すべての物事にに繋がり、どんなときに読んでもすっと入ってくるからすごい。

    でも、ブッダになってからの髪型の謎を知りたかった。どうなってるんあれ。

  • 多くの部分がフィクションらしいが、ブッダという1人の人間、またそれを取り巻く人々の生き様が生き生きと描かれており、人間の生き方に関する示唆に富んでいる。

  • 『ブッダ』。3000ページにも及ぶ、ブッダの一生を描いた長編。仏教に対する手塚治虫流の解釈が散りばめられ、「苦悩するひとりの弱い人間」としてのブッダが鮮やかに、かつ大胆に描かれています。仏教やブッダに対する思想入門書としても最適でしょう。僕にとっては、本書は人生訓としても成り立っています。

    「いつも次のことを考えなさい。いま自分は何をしているか、自分のしていることは自分にとって大事なことなのか、人にとって大事なことなのか、そして大勢の人にとって大事なことなのか!国じゅうの人にとって大事なことなのか、世界の人にとって大事なことなのか、この自然にとって、あらゆる生きものにとって大事なことなのかよく考えなさい」(第4部でのブッダの台詞)を、僕は特によく思い出します。

  • 手塚治虫の漫画は、セリフが無くても絵の表現だけで、何を言いたいのかが分かります。
    ブッダでは1巻の冒頭部分が1番表れていますね。

    一通り読みましたが、名前が皆似ているし、時代背景もやっと見えてきたというところなので、近いうちにもう何度か読みなおしたいと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

手塚治虫の作品

ブッダ 14 新装版 (Kibo comics) (希望コミックス)はこんなマンガです

ブッダ 14 新装版 (Kibo comics) (希望コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブッダ 14 新装版 (Kibo comics) (希望コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブッダ 14 新装版 (Kibo comics) (希望コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブッダ 14 新装版 (Kibo comics) (希望コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする