トム・ピーターズのマニフェスト (4) トレンド魂。 (トム・ピーターズのマニフェスト 4)

  • 40人登録
  • 4.00評価
    • (6)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 宮本 喜一 
  • ランダムハウス講談社 (2005年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784270000861

トム・ピーターズのマニフェスト (4) トレンド魂。 (トム・ピーターズのマニフェスト 4)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メモ
    WOMEN WOM
    word of mouth
    女性マーケティングの本

  • ・女性を狙ったマーケティングの問題のほうが、クオリティーの問題よりもはるかに重要。成長と収益性を追求する企業にとって最大の課題だ。

    ・女性は男性よりもずっと人に関心がある。最後は人の問題だ。ところが男性の考えはこうだ。人も重要、ただしそれほどの興味の対象ではない。興味が湧くのはモノと理屈、つまり一方で具体的なもの、もう一方では抽象的な概念だ。

    ・女性は”私たち”で考える、男性は”僕”で考える。男性にとって、社会の中心的構成単位は個人だ。女性にとって、それは”私たち”。女性は自分を”私”から輪のように展開するコミュニティの一員だと思っている。

    ・大半の女性はスーパーモデルには共感しない。関係がありそうな人にお目にかかりたい。ほとんどの女性が共感できる場面を設定し魅力的ではあるが現実の姿の女性を登場させる。

    ・50代と60代の大半は、今が人生で最高に幸せなときだと考えている。これは特に女性に当てはまる。

    ・ゴールデンタイムの女性を取り込むためには、”統計数字や事実”にこだわるな、”姿かたちや手応え”に徹底してこだわれ。

    ・有名人の推薦を忘れろ。理想のマーケティング(企業の尊厳)。

  • 翻訳をした宮本喜一さん曰く「好評絶版中」(笑)
    ご本人にすっごく面白いよって、オススメされました☆彡
    写真とコピーがピカいち(^O^)/

    マーケターとして、お金のある所をターゲットとすべきなのに、古臭い偏見からターゲットを外すどころか、「最高購買決定者」を認識せずにみすみすチャンスを逃している。

    男ばかりが集まっても無用なプライドと想像力の欠如から、最大の市場を見ることができない。

    しっかり金を使って継続的に良い顧客となってくれる「最高購買決定者」である50代以上と女性の消費者をみすえるべきだ!

全3件中 1 - 3件を表示

トム・ピーターズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
タル・ベン・シャ...
デール カーネギ...
M.E. ポータ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

トム・ピーターズのマニフェスト (4) トレンド魂。 (トム・ピーターズのマニフェスト 4)はこんな本です

トム・ピーターズのマニフェスト (4) トレンド魂。 (トム・ピーターズのマニフェスト 4)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トム・ピーターズのマニフェスト (4) トレンド魂。 (トム・ピーターズのマニフェスト 4)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする