先史時代と心の進化 (クロノス選書)

  • 19人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 小林 朋則 
  • 武田ランダムハウスジャパン (2008年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784270004074

先史時代と心の進化 (クロノス選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    発掘調査による考古学を土台に、放射性炭素年代測定やDNA分析など科学的手法を取り入れて発展してきた先史学は、今なお人類の本質に迫る様々な問題に取り組み続けている。
    人類の思考プロセスの変遷を探る認知考古学という新たなアプローチにより、私たちが現在の姿に至るまでの数百万年に及ぶ長い道のりをたどり、人間の存在を見つめ直す。

    [ 目次 ]
    第1部 先史時代の発見(先史時代という概念;一九四〇年以前の先史学;放射性炭素革命;世界先史学の可能性)
    第2部 心の先史学(ホモ・サピエンス・パラドックス;心の先史学へ向けて;共同体の構築;財貨;宇宙を取り込む;先史時代から歴史時代へ)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 神よりも、金を信用するのが、とりあえずの常識。

    どちらにも絶対は無い。

    人は、所有する見込みを立てる。計画を立てる。
    計画は、あなたの人生そのものの様になり。
    いつしかそれは自分には欠かせないものの様になり。


    きっと保険をかけだすだろう。


    最初に「火」を使ったホミニドの心の働きと、
    今現在「石油」を奪い合うホモ・サピエンスの心の働きは、
    似ているどころか同じ種類のもの。



    これだけ広く、世界を見渡す事が出来るのに。

全2件中 1 - 2件を表示

コリン・レンフルーの作品

先史時代と心の進化 (クロノス選書)はこんな本です

先史時代と心の進化 (クロノス選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

先史時代と心の進化 (クロノス選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

先史時代と心の進化 (クロノス選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

先史時代と心の進化 (クロノス選書)の作品紹介

発掘調査による考古学を土台に、放射性炭素年代測定やDNA分析など科学的手法を取り入れて発展してきた先史学は、今なお人類の本質に迫る様々な問題に取り組み続けている。人類の思考プロセスの変遷を探る認知考古学という新たなアプローチにより、私たちが現在の姿に至るまでの数百万年に及ぶ長い道のりをたどり、人間の存在を見つめ直す。

ツイートする