神様の食卓 (ランダムハウス講談社文庫)

  • 19人登録
  • 3.09評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
  • ランダムハウス講談社 (2006年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784270100677

神様の食卓 (ランダムハウス講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:


  •  神さまを信じてなかった私が。
     もし、神さまが居るのなら話してみたいと思うようになった一冊。
     
     神さまは、優しくて悲しくて寂しくて。
     愛について、語ってくれるのに。
     この現実の世界では、悲しいほど響いていかない。
     神さまがわたしたちを愛してて、神さまがわたしたちに傍に居て欲しいと思っていて。
     それなのに、わたしたちが手を振り払ってる今の世界じゃ。 
     神さまは悲しくて泣いているかもしれない。

      神さまのハナシを読むたびに感じる疑問。
      神さまは、いつになったら幸せになれるのでしょうか?

  • 神様と食事する話。日本人には感覚的にわかりにくいテースト。神の愛は「親が子に対する愛」に似ている、ということが言いたかった?やっぱりわかってないか。

全3件中 1 - 3件を表示

デイヴィッド・グレゴリーの作品

ツイートする