危ないダイエット合宿 (朝食のおいしいB&B 3) (RHブックス・プラス) (RHブックス・プラス―ランダムハウス講談社文庫)

  • 47人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (5)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 上條 ひろみ 
  • 武田ランダムハウスジャパン (2010年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784270103456

危ないダイエット合宿 (朝食のおいしいB&B 3) (RHブックス・プラス) (RHブックス・プラス―ランダムハウス講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 朝食のおいしいB&Bシリーズ、3作目。
    好感の持てるコージー・ミステリです。

    ナタリーは風光明媚なクランベリー島で、インを経営しています。
    インの離れに下宿している保安官代理のジョンとは、良い関係になっていました。
    ダイエット合宿をする一行が滞在することになり、ナタリーは注文どおりの料理を出そうと張り切り、自分もついでにダイエットできるのではと期待。

    ところが、一行を率いてきたハンサムなトレーナーは不審な死を遂げる。
    そのパートナーの美女ヴァネッサは、ジョンと旧知の仲。
    動揺するヴァネッサを慰めるジョンに、ナタリーの心は‥
    若い頃にヴァネッサが島に滞在したときに、島の男たち何人ものハートをかき乱したらしい。

    容疑のかかった島の男たちのためにも、インでの事件を新聞に書きたてられた汚名を晴らすためにも、ナタリーはいろいろ調べて回ることに。
    仕事として部屋の掃除をするナタリーは、滞在客のさまざまな秘密を少しずつ掴むことにもなるのでした。

    島の古い灯台はもう廃墟となっていますが、行方不明になった最後の灯台守の伝説がありました。
    灯台の明かりを見たナタリーは、その歴史の一端を知る手がかりも発見‥?

    ダイエット・メニューがけっこう美味しそうで、いいですね。
    最後は急展開ですが、再読に耐える内容でした。

  • 朝食のおいしいB&Bシリーズ3作目。
    原則朝食しか出さないナタリーだったが、3食のダイエットメニューを提供する形でダイエットセミナーの団体を受け入れる。しかし、その代表者のヴァネッサはナタリーの恋人ジョンと旧知の間柄らしく、ナタリーは二人の関係にやきもきする。そんな中、ダイエットクラブの共同主催者のダークが薬物中毒で死亡し、ジョンがその容疑者の一人となる。ジョンの疑いを晴らすべく再び捜査を始めたナタリーだったが、合宿参加者たちの行動も怪しいものばかりだった。

    このシリーズの共通していえることだが、いくら殺人事件の捜査のためで、警察が当てにならないからといって、客の荷物を勝手に見てはいかんだろ。おまえの職業倫理はどこに行った!!そうはいっても、それを何となく当然のこととして許してしまう雰囲気が味ではあるが。
    今回は本筋とは関係なく、灯台で発見された白骨死体の謎にも迫るミステリーロマン(?)のおまけ付き。

  • ナタリーのB&Bで行われているダイエット合宿の最中にインストラクターが死んだ。
    殺人容疑をかけられた恋人は、嘗ての彼女となにやら怪しい感じで…。

    朝食の美味しいB&Bシリーズ3作目。
    ダイエット食もきちんと美味しそうに描いてあって好感。そしてアメリカの作品にしてはきちんとダイエット食になっているし。
    事件とコージーな部分のバランスも悪くないと思う。
    主人公のナタリーも魅力的だし、脇を固めるキャラクターもいい感じ。
    今回もやっぱりナタリーは頭を殴られてしまうのだけど、唯一それだけが気になる。も少し主人公大切に扱って欲しいw

    しかし巻末にある照り焼きマリネのレシピ。
    サラダ油かオレンジジュースって、どちらを使うかで味が全然変わってきそうなんだけど…。いいのか?

  • 可愛らしいなぁと思いながら読了。何か捻ったトリックを求めてミステリを読むほうではないので、こういう感じのミステリも大好きです。

    このシリーズは最新刊のこれが初めてですが、問題なく読めました。
    しかし、ミステリより何より、ご飯がおいしそうで堪らない。作中のレシピが巻末にあるのもいいなぁ。ブラウニーは作ってみたいなぁと思いつつ、自分ミント駄目なんですが…w

    おもしろかったー。

  • ナタリーの宿で初めてのダイエット合宿が開かれることになった。閑古鳥の鳴いていた宿にとって団体客は大歓迎、あわよくばナタリー自身もダイエットできるかも!? そう期待したのもつかの間。同行していたハンサムなトレーナーが不審な死を遂げたことで、7日間の合宿に暗雲が垂れこめる。どうやら合宿の一行のなかには、身分を偽っている者や後ろめたい過去を抱える者、はたまた別の目的でやってきた者がたくさん潜んでいるようで…!? シリーズ第3弾。

    原題:Murder Most Maine
    訳者:上条ひろみ

  • 朝食のおいしいB&Bシリーズ3作目。

  • 今回はなかなか面白かったー!
    やはりキャラの活かし方が自然になるのか慣れたのか。
    でもキッチンから食べ物がなくなる理由はすぐにわかってしまったー
    デブ・ファイブのミステリーを読んでる場面があって、にんやりしました。

全8件中 1 - 8件を表示

カレン・マキナニーの作品

危ないダイエット合宿 (朝食のおいしいB&B 3) (RHブックス・プラス) (RHブックス・プラス―ランダムハウス講談社文庫)はこんな本です

危ないダイエット合宿 (朝食のおいしいB&B 3) (RHブックス・プラス) (RHブックス・プラス―ランダムハウス講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

危ないダイエット合宿 (朝食のおいしいB&B 3) (RHブックス・プラス) (RHブックス・プラス―ランダムハウス講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

危ないダイエット合宿 (朝食のおいしいB&B 3) (RHブックス・プラス) (RHブックス・プラス―ランダムハウス講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする