ウーロンと仮面舞踏会の夜 お茶と探偵10 (RHブックス・プラス)

  • 100人登録
  • 3.63評価
    • (3)
    • (11)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
制作 : 東野 さやか 
  • 武田ランダムハウスジャパン (2011年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784270103821

ウーロンと仮面舞踏会の夜 お茶と探偵10 (RHブックス・プラス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お茶と探偵シリーズも10作目。

    セオドシアは、30代の明るい女性で、紅茶専門店を経営、紅茶に合う美味しい軽食も出しています。
    古都チャールストンの歴史地区に店があり、風光明媚な土地柄。
    今回は、馬術競技会に出たセオが事件に巻き込まれます。

    元彼の従姉妹アビーの葬儀に元彼ジョリーが戻ってきて、まだ未練がある様子。
    新しい恋人もいるのに、ちょっと心揺れるセオ。しっかり者のはずなのに、でも恋愛経験はそんなになさそう‥根が真面目だったから?(笑)

    仮面舞踏会の衣装を楽しみにしつつ、危険な状況のスリルも味わいつつ。
    今回は、新しく家を買うという計画も出てきて、とても好みに合う家を見つけてしまうんですね。

    お店の面々が悪気なく仲がいいので、毒気が少ないのがこのシリーズ一番の特徴。
    すっごく美味しそうなものを想像しつつ、紅茶の香りが漂ってくるような描写を楽しんで、気楽に読めます♪

  • パターンを読むと外してくる今巻。ジョリーとパーカーの間で揺れるセオに、美しいドレス、そして美味しそうなお茶とお菓子にドキドキ!

  • この頃、事件に遭うスパンが短い主人公セオドシア。
    大変だなぁと思いつつ読んでいたら、最後にこんな事が待っていたとは!?
    応援したいキャラクターです。

  • 元恋人のジョリーのいとこアビーが殺され、セオドシアが第一発見者に。
    ジョリーとは、はっきり別れたつもりなのに、彼の思わせぶりな態度にセオは少し気持ちがぐらついてしまう。
    いつも通り、おいしそうなお茶とお菓子、お料理が満載でそちらも充分楽しめる。

  • 前回からまた少し面白くなってきました。
    今回は元恋人が登場し、現恋人との関係がギクシャクしたり、新たに購入するかもしれない家が藤樹して、次回作が楽しみになりあmす。

  • お茶と探偵シリーズ第十弾。

    前回の映画祭に今回は舞踏会。
    チャールストンの社交界は華やかですね。
    デレインのブティックが流行るわけだ。

    ニュースキャスターが殺され、その従兄弟である元ボーイフレンドが戻ってくる。
    現ボーイフレンドは心穏やかならず、セオドシアと破局の危機?
    コージーミステリーなのに?とかなりドキドキした。

    そして今回の山場は、セオドシアの好みど真ん中のおうちが見つかってしまったこと。
    ティーショップの2階に住むというのもかなり素敵だったけど、お引越し?

  •  心にエネルギーが欲しいとき、無性に読みたくなる本がありますが、「お茶と探偵」シリーズもそのなかに含まれています。
     美味しそうな描写のお茶とお茶請け(スコーンだったりサンドイッチだったりサラダだったり)、溌剌と生きる登場人物たち、歴史ある街並みに、奇妙な事件……。

     チャールストンの歴史地区でティーショップを営む女性経営者のセオドシア。
     今回の被害者は、そんなセオドシアの元恋人でニュースキャスターのいとこ。敵を作りやすかった性格の彼女の周囲には複数の容疑者が浮かび上がり、真相への道を複雑にします。
     なにかと事件に首を突っ込みたがるセオドシアに、恐る恐る付いていって図らずもサポート役になってしまうデレイン、この女性コンビがとても好きです!

     事件をきっかけにセオドシアの元恋人ジョリーもセオドシアの前に再び現れ、今の恋人パーカーともぎくしゃくしてしまったり……。ジョリーは別件でなにやら不審な行動が目立ち、こちらの真相は次回以降へ持ち越しのよう。
     段々とセオドシアの身近な人が被害者になっていったり、一巻ですっきり終わらないあたりに、コージーから少しだけ本格派の香りがします。
     今までは一冊読み切るとほっと一息つけたのですが、今回は読み切った先から続きが気になってしまう!

  • 原題:Oolong Dead
    著者:Laura hilds
    訳者:東野さやか
    解説:訳者
    初版:2009(US),2011(JP)
    コージー・ミステリ
    お茶と探偵シリーズ第10弾
    今回は仮面舞踏会が舞台?
    誰が何故殺したのかという動機がメイン。トリックは特になし。

  • 馬術競技会の最中、落馬したセオドシアが目にしたのは女性の死体だった。しかも顔見知りの!殺されたのは別れた恋人のいとこで、ニュースキャスターのアビー。彼女とはつい数ヵ月前に口論したばかりだから、わたしも容疑者?セオドシアは疑いをはらそうと、アビーの周辺を探ることにする。町はセレブな仮面舞踏会の準備で浮き足立っているし、葬儀に帰ってきた元カレの存在も気になるけれど…。おいしい食べ物と紅茶がいっぱいの、シリーズ第10弾。

    原題:Oolong Dead
    訳者:東野さやか

  • 2011年10月27日読了。

全15件中 1 - 10件を表示

ローラ・チャイルズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ウーロンと仮面舞踏会の夜 お茶と探偵10 (RHブックス・プラス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウーロンと仮面舞踏会の夜 お茶と探偵10 (RHブックス・プラス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする