東日本大震災からの復興まちづくり

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 大月書店 (2011年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784272330690

東日本大震災からの復興まちづくりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  FBの友達の紹介。

     大月書店は、学生のころ共産党宣言の文庫とかお世話になったが、今は、結構、中立的な本をだしているんだなと思った。

     内容は、そのほとんどに共感する。

    (1)基盤施設の復旧・復興と「地区・集落のまちづくり」とを連携する、漸進的マスタープラン(p38)

     これは、現実に調整があちことで問題になっているし、決めきらないで、少しずつ進むマスタープランであってほしい。復興交付金事業計画の変更も可能なので、地元の意見で修正をはかっていいプランにしてほしい。

    (2)避けるべきインフラ至上主義のシナリオ(p44)

     これも注意したい。現場でそのような動きがあれば教えて欲しい。国もインフラとまちづくりは局が違うので、むしろ地元の情報がほしいところです。

    (3)思い切って山際の平場に、仕事場、買い物の場などのある一団の仮設市街地をつくるべきだ。(p97)

     これも平場で基盤整備をする場合に効果促進事業として仮設市街地をつくり、基盤整備が終わったら、移設して本設するなど、工夫ができると思う。

     正直、違和感があったのは、エコツーリズムとエコビレッジの話。自分の周りにこれを語る人が少ないためだろうが、現実性、被災者が本当に求めていることなのかなど、ちょっと理解できない感じがする。

     全体を通じて、最近読んだ復興本の中では秀逸だと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

鈴木浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東日本大震災からの復興まちづくりはこんな本です

東日本大震災からの復興まちづくりの作品紹介

見えてきた住民主体・地域協働の方法。復興まちづくりの最前線で奮闘する専門家たちによる、現状報告と提言。

ツイートする