戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ): 辺野古・高江からの祈り

  • 25人登録
  • 4.40評価
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 三上智恵
  • 大月書店 (2015年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784272330850

戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ): 辺野古・高江からの祈りの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 10月23日付の東京新聞で三上監督のインタビュー記事を見て読みました。辺野古を17年前から見続けて来た三上さんの視点を通すことで、基地移設反対運動をフラットな立場で理解することができたと思います。多くの方に読んで欲しいと感じました。

  • 賛成派、反対派という対立に落とし込まずに、辺野古の住民の人たちのなかにある複雑な思いを丁寧にくみとっている。
    長年にわたりこの土地の自然や人びとに寄り添ってきた熱い思いがストレートに伝わる日記。動画もあわせて見ると尚良し。

全3件中 1 - 3件を表示

三上智恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
翁長 雄志
大岡 昇平
有効な右矢印 無効な右矢印

戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ): 辺野古・高江からの祈りを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ): 辺野古・高江からの祈りを本棚に「積読」で登録しているひと

戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ): 辺野古・高江からの祈りの作品紹介

2015年7月、新作「戦場ぬ止み」全国で公開予定!
映画「標的の村」で注目を集める著者の待望の著書です。

戦後70年、いまだ「戦時」を強いられる沖縄に真の平和を――。普天間基地の代替施設として、世界有数のサンゴ礁を埋め巨大な基地が建設されようとする沖縄・辺野古。圧倒的な国家の力に立ち向かう人々の姿を描く待望の単著。

ツイートする