大学生になるってどういうこと?: 学習・生活・キャリア形成 (大学生の学びをつくる)

  • 28人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 大月書店 (2014年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784272412310

大学生になるってどういうこと?: 学習・生活・キャリア形成 (大学生の学びをつくる)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料ID:98140741
    請求記号:377.9||U
    配置場所:普通図書

    大学生になったものの、なんだか目標が定まらない毎日を送っている人もいるはず。
    本書は大学で学ぶということ、大学で学ぶための技法、キャリアを考えるという3つの項目にわかれています。
    大学に入った本当の意味を考えてみませんか?将来の目標設定の手助けになるかもです。

  • 良い本だったと思う。
    計画性と主体性を持って大学生活に臨もうと思えて、やり方のアドバイスをくれる本。

  • ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00528468

  • 展示期間終了後の配架場所は、開架図書(3階) 請求記号 377.9//U34

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50104365&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 大学生になるための入門的ガイド本(1年生から、大学2年生以上にも)
    【所在】3F開架
    【請求記号】377.9||UE
    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=172781

  • 三葛館一般 377.9||UE

    大学には入ったけれど、何をどう学べばいい?生活はどう変わる?大学生活を送っているとさまざまな疑問が生まれてくると思います。でも大丈夫!「大学で学ぶ」意味や大学生活でのいろいろな疑問、効率的な学習方法、卒業後の進路についてなどがこの一冊でしっかりと学べます。
    また、それぞれの章に、現役大学生のあらゆる悩みに対しての著者たちの適切な回答もわかりやすくまとめられていて、とても参考になります。
    この本を読んで大学を上手に活用し、キャンパスライフをより充実したものにしましょう!
                                  (かき)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=79893

  • 自分がこうなりたいという目標はもつべきです。それをもつことで、学ぶべきこと、取り組むべきことが見えてくる。

    言葉で世界をとらえようとするのが大学の学びの中心。
    大学が等しく共有する価値観は、自分のことは自分で決めるということ。
    大学生活で最も重要なことは勉強すること。

全8件中 1 - 8件を表示

植上一希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田中正人
辻村 深月
村田 沙耶香
湊 かなえ
池井戸 潤
佐々木 健一
西 加奈子
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

大学生になるってどういうこと?: 学習・生活・キャリア形成 (大学生の学びをつくる)はこんな本です

大学生になるってどういうこと?: 学習・生活・キャリア形成 (大学生の学びをつくる)を本棚に登録しているひと

大学生になるってどういうこと?: 学習・生活・キャリア形成 (大学生の学びをつくる)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大学生になるってどういうこと?: 学習・生活・キャリア形成 (大学生の学びをつくる)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大学生になるってどういうこと?: 学習・生活・キャリア形成 (大学生の学びをつくる)の作品紹介

大学には入ったけれど、何をどう学べばいい? 生活はどう変わる? 多くの大学で課題となっている初年次教育。大学生活と学習方法の基礎がわかり、4年間と卒業後のビジョンが描ける、若手教員たちの実践から生まれたテキスト。

ツイートする